新ブログの更新状況

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンダ問題にモノ申す

心理学の問題のひとつに、リンダ問題というのがあります。

リンダは31歳の独身女性。非常に知的で、はっきりものを言う性格である。 大学時代は哲学を専攻しており、学生の頃は社会主義と差別問題に関する活動に深く関わっていて、核兵器反対のデモにも参加したことがある。 さて、この女性の今を推測する場合、可能性が高いのはどっち?

  1. 彼女は銀行員である。
  2. 彼女は銀行員で、女性運動で活動している。

私は、迷わず2を選びました。 恐らく、皆さんも2を選んだんじゃないでしょうか。 でも、答は1。 なぜなら、女性運動をしている銀行員より、銀行員の方が数が多いから。 人は、リンダの説明に惑わされて判断を誤りやすいんだとか。 この答を知って、私は「なるほど!」と目から鱗が落ちるどころか、「いや、それは違う!」と腹が立ちました。 だって、他でもないリンダの話でしょ?

リンダの説明からは、リンダが銀行員を選ぶ要素は見つかりません。 でも、女性運動を思わせる記述がたくさんあるので、ただの銀行員であるよりも、女性運動をしている銀行員である可能性が高いと思うのは当然です。 そう、1の選択肢は、銀行員としか書いていませんが、2の「女性運動で活動している」の存在によって、「女性運動で活動していない銀行員」として判断されてしまったんですね。

もし、選択肢が次のようになっていたら、どれを選びますか?

  1. 彼女は銀行員だが、女性運動をしているかどうかは問わない。
  2. 彼女は銀行員で、女性運動で活動している。

これなら、迷わず1を選びます。 では、次の場合はどうでしょう。

  1. 彼女は仕事に専念して、女性運動はしていない。
  2. 彼女は仕事をしながら、女性運動で活動している。

これはもう、圧倒的に2ですね。

リンダが何をしでかすかわからないロボットならともかく、明確な意思を持った人間なわけですから、その意思を尊重するのは、人間として当然の判断だと思います。 この問題の場合、問題そのものが人を欺くために作られたようなものなので、どうも詐欺師に騙されたような気分になってしまいます。 では、次の問題ではどうでしょうか。

春菜は、ハイティーンの女の子。 とっても明るくて、まるで菜の花のようだと、皆に愛されています。 大好きな春になったので、自分に合った服が欲しいな、と思っています。 運良くお婆ちゃんからお小遣いをもらったので、早速デパートに向かいました。 さて、春菜は何を買ったでしょう?

  1. 春菜は、ワンピースを買った。
  2. 春菜は、黄色のワンピースを買った。

デパートに100着の服が売られていて、そのうちワンピースが10着、さらに黄色のワンピースは1着しかなかったとします。 ワンピースを買う確率は10%、黄色のワンピースを買う確率は1%しかありません。 でも、春菜が黄色のワンピースを気に入る可能性は90%なのに対し、他のワンピースを気に入る可能性は10%しかないとしたらどうでしょう。

人間には、確率よりも意思の方がより重要だということですね。

コメント

同感!

夕飯の支度中なのに 思わず読んでしまった。
心理学の問題だからって、どうして「答は1」を正解と決定できるのかしら。問題に含まれた要素からすると、K-Hyodoさんのように騙されたように感じるのは当然だと思うよ。
これって、入試みたいに白黒をつけるべき問題なの?

やっぱり問題が変ですよね~。
元々は、人の情報に縛られやすい性格を実証しようとしたみたいなんですが…。
一度、肉、ジャガイモ、タマネギ、ニンジンでカレーを作ったら、それ以外のカレーが思いつかない、みたいな。
ナス、ブロッコリー、エリンギ、ホウレンソウの肉なし野菜カレーも美味しいんですよ♪
現実の世界にはいろんな例がありますが、それを科学的な実験で実証しようと思ったら、いろいろ大変なんでしょうね。

勘違いされていませんか

兵頭さん、
検索からちょっと覗いてしまいましたが、リンダ問題の1も2も、彼女は現在銀行員であることを言っています。従って、全体の集合としては、2のように制限をかけてしまった場合よりも1の方が大きいのです。ですから、1の方が「必ず」正解なのです。同様に兵頭さんの出した春菜さんの問題も、「黄色」のワンピースは「ワンピース」という全体の集合の中に入りますから、1が正解でしょう。
単純にそういう問題なのですが…。

それと、人間というのは必ずしも一貫性を持った存在ではありませんから、例えば学生時代いかに懸命にやっていても、その後関心を失ったり、失望する出来事に直面して、今はただの銀行員である可能性はそんなに低くないと思いますよ。そのような事例は沢山あるとおもうのですが、いかがでしょうか。

もちろん、そういう数学の集合的な意味では、ちゃんと理解してますよ。
ただ、それであれば、問題の問いの部分は必要なく、解答のの選択肢さえあれば済む話です。
リンダ問題は、クイズのいじわる問題みたいなものですよね。
あえて間違えやすいように問題を出して、その結果を見る、みたいな。

与えられた選択肢の中から、正解の可能性の高いものを選ぶという、
マークシートの受験テクニックみたいなものじゃなくて、
人間は、その問題を与えられた時に、何をどう考えていくのか、
その過程をはっきりしておきたかったんです。
そして、それを明らかにすることこそが、リンダ問題の本来の役割ですよね?
もし、選択肢が与えられていなかったとしたら、あなたはどう推測しますか?

推測は、限られた情報の中から、不確定な未来を選び出すことです。
集合は、確定された条件の中から、その関係性を明らかにするものです。

推測から集合へと、問題のすり替えが行われているところに、リンダ問題の間違う原因があると考えています。
つまり、問題と選択肢が、適切に合ってないわけですね。

リンダや春菜が何を選ぶかは、本人次第です。
でも、彼女たちが何を選ぶかを推測するのは、情報次第です。
そして、どの選択肢が選ばれる可能性が高いかは、条件次第です。

リンダ問題には、これらの3つの問題が、ごちゃまぜになってるとも言えますね。

ご指摘、どうもありがとうございました。^^

なぜそこまで?

すみません、何というか、深く考えすぎではないでしょうか?
これは人間が与えられた情報によって、選択が操作されやすいことを純粋に論理的観点から説明するための問題で、「推測」を問う問題ではないのですよ。
もちろん兵頭さんが、そう考えることは否定しません。
ついコメントしてしまいました。失礼しました。

ごもっともです。
ただ、リンダ問題の被験者から見れば、そんなことは関係ないですよね。
研究者側の意図もわかりますが、リンダ問題を読んだ時に、自分が何を感じ、どう考えたのかを、正直にありのままに書いてみるのも、面白いんじゃないかと思ったもので。
なので、タイトルは「リンダ問題に、私は何を感じ、どう考えたのか」とした方が、より適切だったかもしれませんね。
私も、リンダ問題そのものを否定するつもりはありません。
こちらこそ、長文失礼しました。

途中までは批判的に読んでいましたが、あなたの指摘も一理あるのではないかと思いました。

1と2を比較して、1のほうに「女性運動はしていない」という含意を読み取ってしまった場合、質問者の想定していた理由とは異なる理由で1を選択することもあり得るということですね。

そもそもこの質問は日常的には存在しない形の不自然な問いなので、それを日常的な質問にするために何らかの言葉を補完して自然な解釈をしてしまうこともありえるわけですね。
例えば、1に「ただの」という言葉を自然に脳内補完してしまうと、
1.彼女はただの銀行員である。
2.彼女は銀行員で、女性運動で活動している。
のように、2のほうがより自然な答えである質問に変わっちゃいます。

質問者の意図は「示されている出来事が詳細であればあるほど人間の感覚が論理的な確率に基く判断から離れていく」ということらしいですが、むしろ「普通の文章を装った、普通の文章の原則から外れている質問には的確に答えがたい」ということなんじゃないかと思います。じっさい、文頭に「この質問は字義通りに解釈してください」という但し書きがあれば多くの人は1と答えられるわけで。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントを書く

K-Hyodoだけにコメントを見せる

プロフィール

K-Hyodo

K-Hyodo

本名:兵頭 薫
鹿児島の30代男性
ソフトウェア作家を目指す

コメント・拍手は大歓迎!

K-Hyodo's Soft

どのソフトも、
Mac & Windows 両対応!

iKeyboard 3

本気で覚えるための、
キーボード練習ソフト。

ベクターソフトレビュー


PhotoMaster 2

撮影を楽しむための、
デジカメ写真管理ソフト。

ベクターソフトレビュー

Vector Best Online Soft of 2004


iKeyboard 2

ブログを読み返すための、
バックアップ表示ソフト

窓の杜 今日のお気に入り


マルチプラットフォームの統合開発環境REALbasicで開発しています。

Twitter

 

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログ内検索

アクセスカウンター

読書メーター

K-Hyodoさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。