新ブログの更新状況

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dvorak仕様に改造したよ

Slim Pure Keyboard 英語版のキートップを、Dvorakに入れ替えてみました。

普段はキーボードを見ないんですが、たまに片手でキーボードショートカットを使う時には、やっぱりキートップが一致している方が便利です。 キートップは、上辺を指で押さえながら、下辺をヘラのようなもので引っ張り上げてやれば、パチンという音と共に簡単に外れてくれます。 以前、iceKeyのキートップを入れ替えた時は、上辺から外していたので、いくつかプラスチックの爪を折ってしまったんですよね。 今回は、ひとつも折らずに交換できましたよ。

キートップを交換した後は、中指に当たるキーに、ビニールテープで印をつけます。 ほとんどのキーボードには、ホームポジションがわかりやすいように、人差し指に当たる「F」と「J」のキーに印がついています。 でも、昔のMacのキーボードには、中指に印がついていたんですよ。 人差し指は、横の列も担当しているので、中指の方が位置がわかりやすいというわけです。

キートップを交換したことで、いくつかの敏感だったキーの反応が改善されました。 パンタグラフ式の欠点として、中のゴムキャップの居心地が悪いと、キータッチが悪くなってしまうんですよね。 キーをひとつずつ確認しながら、ゴムキャップの位置を修正することで、誤動作することなく、快適に使えるようになりました。 PageUpの周辺は、どうしても敏感になってしまうようですが、使用頻度も高くないので、まあご愛嬌といったところですね。

パンタグラフ式は、その軽さとプチプチした感触が、やっぱり気持ち良いですね。 以前はメカニカルスイッチのしっかりした手応えが好きだったんですが、慣れるとパンタグラフ式の方が無駄な力が入らないので快適に使えます。 豪快にキー入力をするのも良いですが、こういう省エネキー入力も良いものですよ。 もしかしたら、肩こりもしにくくなるかも?

安物キーボードも、愛情を持って接してやれば、ちゃんと応えてくれるものですね。

コメントを書く

K-Hyodoだけにコメントを見せる

トラックバック

URL:

世の中には同じ顔が三人いる

同じキーボードで、Dvorak配列で使ってます。

プロフィール

K-Hyodo

K-Hyodo

本名:兵頭 薫
鹿児島の30代男性
ソフトウェア作家を目指す

コメント・拍手は大歓迎!

K-Hyodo's Soft

どのソフトも、
Mac & Windows 両対応!

iKeyboard 3

本気で覚えるための、
キーボード練習ソフト。

ベクターソフトレビュー


PhotoMaster 2

撮影を楽しむための、
デジカメ写真管理ソフト。

ベクターソフトレビュー

Vector Best Online Soft of 2004


iKeyboard 2

ブログを読み返すための、
バックアップ表示ソフト

窓の杜 今日のお気に入り


マルチプラットフォームの統合開発環境REALbasicで開発しています。

Twitter

 

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

アクセスカウンター

読書メーター

K-Hyodoさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。