新ブログの更新状況

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春18きっぷで名古屋の旅:荒尾編

市バスに乗って出発!

九州新幹線つばめ

こちらはリレーつばめ

今時の普通列車はお洒落

熊本駅でSL人吉を見た!

荒尾駅でお散歩

荒尾けいばに万田坑

閉鎖されたバスターミナル

古風な自転車預かり

駅前の洗濯物

7/31~8/5の間、青春18きっぷで名古屋へ行ってきました。

青春18きっぷの旅はいつものことですが、今回の旅はちょっと違います。 なぜなら、iPhoneという相棒がいるからです。 iPhoneで写真を撮り、Googleマップで位置を確認しつつ、Twitterでつぶやきながら旅をするというのは、とても新鮮で刺激的な体験でした。 基本的には、今まで通りの気ままな一人旅なんですが、Twitterを通してリアルタイムにやり取りが行われるので、まるで一人旅じゃないみたいな感覚でした。 こんなの初めて!

おかげで、長時間の乗車でも退屈することなく、旅を共有しながら楽しむことができたのでした。

スポンサーサイト

青春18きっぷで名古屋の旅:広島~神戸~京都編

広島の鍋焼らうめん ひさし

ご馳走様でした

Pokenも頂きました

神戸のポートタワーと月

そしてフレンドリー

ピザとドリンクバー

神戸の朝は都会

懐かしの京都タワー

SFチックな京都駅ビル

宇宙人みたいでカッコイイ

ちょうど広島で1時間半ほど時間が作れそうだったので、Twitterで駅近辺のオススメのお店を聞いてみたところ、なんと日頃お世話になっている人達がお店を案内してくださいました。 まさかの展開に驚きつつ、改めてTwitterの力を感じました。 まだまだ電車に乗らなければならなかったので、お好み焼きではなくて、お腹に優しいラーメンにしたんですが、これがまた美味しかったです。 また、その方々がお仕事にされているPokenというデジタル名刺も頂きました。 本当にどうもありがとうございました!

その夜は、神戸で一泊。 とりあえずメリケンパークに行ってみると、景色の良い海沿いはカップルばかり。 カメラを持ってウロウロしていると、変質者を見るような目で見られてしまいました。 公園内にはあちこちで浮浪者が寝ているし、そのうち暴走族もやってきたので、慌ててフレンドリーに避難。 iPhoneのおかげで、ファミレスを探す手間が省けるのが嬉しいですね。 ピザとドリンクバーで、始発までの時間を潰します。

出発時からバタバタしていて、まだお土産を買っていなかったことに気づいて、京都で途中下車。 鹿児島に来る前は京都に10年間住んでいたので、懐かしさが込み上げてきます。 でも、新しい駅ビルにはいまだ馴染めず。 凄いなぁとは思うんですが、無機質で冷たい感覚が、どうにも好きになれないのでした。 でも、ちょっとレトロでカッコイイ列車を見ることができたので、ちょっと嬉しかったです。

目的地の名古屋まで、もうすぐですよ!

青春18きっぷで名古屋の旅:名古屋・栄編

金時計の前で待ち合わせ

テレビ塔はメカゴジラ

オアシス21のイベント会場

ド派手な音響と照明

物凄い人だかり

世界コスプレサミット2010

オアシス21とテレビ塔

名古屋の月

名古屋では、旧友と久々の再会しました。 と書いても間違いではないんですが、本当はかつての彼女と会ってきました。 3年間ほぼ同棲に近い生活を送った後に、2年間の遠距離恋愛を経て破局。 それから、お互いに別の相手と出会ったり別れたりして、3年ぶりの再会です。 あんまり変わってないような、ずいぶん大人っぽくなったような。 一緒にいる時の安心感と居心地の良さは相変わらずで、改めて相性の良さを感じました。

じゃあ、何で別れたの?ということになるわけですが、なぜなんでしょうね。 自分でも、馬鹿だなぁとつくづく思います。 まあ、振られた身なので仕方がありませんね。 お互いに近況報告をしたり、将来のことを語り合ったり。 結局、寄りを戻すということもなく、二人の関係は曖昧なままで終わりましたが、元気な姿を見ることができて安心しました。 どういう形であれ、彼女には幸せになってもらいたいですね。

青春18きっぷで名古屋の旅:名古屋・お祭り編

お祭りっていいですよね♪

今回の名古屋の旅のメインイベント、商店街のお祭りですよ。

事情により詳細は書けないんですが、お祭りの様子をたっぷりと撮ってきました。 撮影枚数は、なんと900枚以上。 一度にこんなに撮ったのは、生まれて初めてかも? しかも、JPEGじゃなくて全部RAWですからね。 とりあえず250枚現像したんですが、まだ1/4しか終わってません。 それでも、お祭りの写真は見ていてとっても楽しくて、その時の賑やかな空気が、ありありと蘇ってきましたよ。

実は、お祭りって、昔からあんまり好きじゃなかったんですよね。 近所の町内会のお祭りは、内輪色が強くていまいち馴染めなかったし、祇園祭みたいなのになると、格式が高過ぎて退屈だったし。 でも、こういう商店街のお祭りって、規模の大きさと親しみやすさのバランスが、ちょうど良いように感じます。 適当にぶらぶらと歩いているだけでも、ゆるりとお祭り気分を満喫できそうな、そんな気がしましたよ。

実際には、5時間近く休む暇なく撮りまくっていたので、終わった頃にはフラフラでしたが、たくさんのお祭りの表情を見ることができたので、とても良い経験になりました。 屈託のない無邪気な子供達の笑顔に、それを優しく見守る大人達の笑顔。 そして、静かにお祭りの雰囲気を楽しむ老人達の笑顔。 それぞれが、それぞれの思いを胸に、お祭りを楽しんでいましたよ。 そして、ぱっと広がる笑顔の瞬発力が、とても印象的でした。

写真の続きを見るのが、今からとても楽しみです。

青春18きっぷで名古屋の旅:神戸・御影編

神戸市バスのバス停

阪神電車 御影駅

背の高いビル

魅惑の高架下

尖った街角

夏の白い雲

帰りは神戸で途中下車。 JR住吉駅で人と待ち合わせ、お茶をしてから、一緒に街を少し歩きます。 以前、私が高架下建築ツアーのことを羨ましいとTwitterでつぶやいていたのを、その人が覚えていてくれて、行き道を教えてもらいました。 残念ながら、あまり時間がなかったので、じっくりと楽しむことはできませんでしたが、こういう見知らぬ街の光景というのは良いものですね。 どうもありがとうございました!

オプシアミスミ花火大会

とても良い花火でしたよ

この夏、私にとっては最初で最後になるであろう、オプシアミスミ花火大会に行ってきました。 このオプシアミスミという場所自体がまだ新しくて、花火大会の存在を知ったのはつい最近でした。 会場に着くと、意外と出店の規模が小さくて、ちょっとガッカリ。 これなら無理にこの場所にいることもあるまいと、お弁当を買ってから、対岸の方へと移動します。 こちらは、そこそこの人の数でしたが、結構場所に余裕があったので、ゆったりと花火を楽しむことができました。

申し訳ありませんが、花火の写真はなし。 やっぱり、花火は生で観てナンボのものだと思うんですよね。 きらきらと瞬いては消えていく光に、ぱん!ぱらぱらぱら~という音。 そして、潮の香りと、高揚した空気。 花火そのものだけじゃなくて、そうした花火の会場の雰囲気全体が、とても魅力的なんですよね。 あんまり良かったものだから、終わった後もしばらく残って余韻を楽しんでいたくらいです。

皆さんは、花火を楽しまれましたか?

夜の鴨池港

入口

桜島

釣人

フェリーターミナル

タクシーターミナル

乗場

豪華客船もいいですが、こういう質素な客船もいいものですね。 この鴨池港は、大学生の頃に、毎日のように訪れては、ぼんやりと物思いに耽っていた場所なんですよ。 今では、そうして時間を過ごすこともなくなってしまいましたが、この場所に来ると、当時の感情が蘇ってきます。 また、昔のように物思いに耽ってみたいなぁ、なんて思ったり。 精神年齢は、あの頃から変わってないような気がするなぁ。

青春18きっぷの旅:宮崎・小内海編

ワンマン列車から降り立った地は…

宮崎県宮崎市、小内海の駅

口蹄疫対策の消毒マット、お疲れ様です!

味わい深い、色褪せたベンチ

無人駅の雰囲気が、たまらなく好き

海の向こうに、島が見えます

蔦が伸び放題のホーム

とても強い潮の香りがします

どうやら、ここからやってくるようです

元祖 炭火焼 磯料理 日南水産

青春18きっぷが2回分余ったので、宮崎は日南に日帰り旅行をしてきました。

日南海岸といえば、かつての新婚旅行のメッカとして有名だったところです。 青島、霧島、桜島の3つが「三島ルート」として人気が高かったそうですよ。 今回は、青島の少し先の内海にある「鬼の洗濯岩」を見ることにしました。 ちょうど、内海駅と小内海駅の間にあって、地図では小内海駅の方がわずかに近かったので、小内海駅で降ります。 そして、トンネルとトンネルの間に挟まれた、この小さな無人駅に、すっかり魅せられてしまいました。 これはイイ!

駅を降りると、猛烈な潮の香りが鼻を突きます。 その正体を確かめたいのを我慢して、まずは駅のホームを端から端まで、じっくり歩きます。 無人駅は鹿児島にもたくさんありますが、宮崎の無人駅はちょっと雰囲気が違います。 ベンチの色?青いトタンの壁? どこにでもありそうだけど、実はここにしかない、微妙な個性がじんわりと漂っています。 うんうん。そうだよ。これこそが、ローカル線の旅の、一番の味なんだな。 この味わいがあるから、青春18きっぷの旅はやめられない!

宮崎の旅の写真は、まだまだ続きますよ。

青春18きっぷの旅:宮崎・野島編

これが日南海岸か!

海の水がとっても綺麗!

野島神社のアコウの木

たくさんあります

すごい迫力です

野島(のしま)別名:巾着島

港の横をさらに進みます

この先を期待させます

じゃじゃーん!

これは圧巻です!

というわけで、内容盛りだくさんでしたよ。 実は、事前にほとんど調べずに、時刻表の路線図に書かれた「鬼の洗濯岩」という表記を頼りにやってきたんですが、こんなに見所が多いとは思いませんでした。 いや、実際のところは、ゆったりした空気の中、いたって地味なものばかりなんですが、その地味さ加減が、なんとも心地良くて、胸にじんわりと染み渡るのでした。 ただ、今でこそ地味な場所ですが、かつては港町として栄えていたそうですよ。

青春18きっぷの旅:宮崎・内海編

海岸沿いの道を、ひたすら歩きます

ついに、内海駅前に到着

内海駅の待合室。可愛い♪

ホーム。線路は奥にあります

駅の近くで見つけた、豆腐の無人販売所

中には、いろんなものが入ってました

こうして見ると、結構歩いたなぁ

内海の港。船がたくさん

落ち葉を焼く煙

帰りの列車は、嬉しくもあり、寂しくもあり

小内海駅から内海駅へと、海岸沿いの道をひたすら歩きます。 国道をまっすぐ歩けば2.9kmですが、あちこちフラフラと見て回っているので、4kmくらいは歩いたでしょうか。 たいした距離ではありませんが、見知らぬ土地での先の見えない道では、それがとても遠く長く感じます。 実際、13:05に小内海駅を降りて、内海駅に着いたのは14:45だったので、1時間40分もかかっています。

列車に乗り遅れるんじゃないかと必死に歩いたんですが、列車の時間は15:41でした。 まだ1時間近く余裕があったので、駅の近辺をブラブラ歩きます。 自然の豊かな景色は素晴らしいものですが、剥き出しの自然は恐ろしくもあり、畏怖の念を感じてしまいます。 また、民家の数が少なく、店の数も少ないので、自分が他所者であることも、感じずにはいられません。

列車が来た時は、「もう帰らなきゃ」「やっと帰れる」という気持ちが入り交じっていましたよ。

自分の写真の今後

流れのままに、ゆっくりと。

いつの間にか、写真について、あまり思い詰めなくなった。

正直なところ、自分の写真に対する評価は、だんだん下がってきている。 上手に撮れてるけど、つまらない写真だなぁ、と思う。 きっちりとそつなく撮れてるけど、別に芸術性が高いわけじゃないし、特に個性的というわけでもない。 そもそも、撮ってる最中はただ撮ってるだけなんだから、ただの写真になることは当たり前のこと。 だから、そういう写真の結末を、ただ当たり前に受けとめる。 自分の行きたいところに行って、見たいものを見て、撮りたいものを撮る。 ただそれだけ。

その昔、フルオートのコンパクトデジカメで撮ってた時は、なかなか見た目通りに写らなくて、ガッカリの連続だった。 だから、マニュアル撮影のできるデジカメに憧れて、実際に手にした時には、それはもう大喜びでいじりまくった。 でも、思い通りに撮れたと思っても、画質がいまいちだったので、やっぱり不満がたまっていった。 ついに、デジタル一眼レフを手に入れて、いろいろレンズも集めて、画質的にも満足がいくようになった。 RAWで撮るようになって、撮影に失敗するということもなくなった。

全く不満がないわけじゃないけど、今のカメラには、もう十分といえるほどに満足している。 写真のワークフローも確立して、滞りなく処理できている。 自分の中で、ライフワークになりそうなテーマも次第に見えてきて、被写体に困ることもなくなった。 全てが、良い感じで落ち着いてきている。 自分の写真に対する評価が下がっているといっても、それはあくまで相対的なもので、思い上がりがなくなっただけ。 撮れた写真そのものについては、おおむね満足している。

唯一、不満があるとすれば、撮った写真が生かされていないということ。 こうしてブログに載せることで、誰かに見てもらうことはできるものの、その数はたかが知れてるし、反応も少ない。 ブログだと、どんどん記事が過去に流れていってしまうので、後で読み返してもらうことも難しい。 そこで、Webページにちゃんとした形でまとめて、載せていこうかと考えている。 もしかしたら、そうすることで、新しい写真の撮り方に目覚めるかもしれないしね。

気負い過ぎると、すぐに挫折してしまうので、のんびりやっていこうと思う。

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会

例の穴場へと足を運びます

人は多いけど、やっぱり少ない

あちこちで芋焼酎の臭い

日が暮れていきます

遊覧船を見下ろす月

とっても見事な花火でしたよ

今年は予定が入っていて諦めていたサマーナイト花火大会ですが、その予定が変更になったおかげで、運良く観ることができました。 鹿児島最大の花火大会で、今年は1万6000発の花火が打ち上げられるということで、期待が高まります。 でも、規模が大きいだけに、観客数が非常に多く、場所を探すだけでもひと苦労です。 私は、身軽な一人だし、いつもの穴場があるので、気楽なものです。 「サマーナイト 穴場」で検索してくる人が多いので、ちょっと心配していたんですが、それほど人は多くなくて、ほっとひと安心。 さあ、観るぞ~!

ただ、先日のオプシアミスミの花火大会で花火を堪能した後だったり、途中の休憩が結構長かったりで、ちょっと退屈してきました。 そこで、ちょこちょこと花火写真を撮ってみたりしてみたんですが、TAMRON 17-50mm F2.8のおかげで、三脚なしの手持ち撮影でも、そこそこ綺麗に撮ることができました。 感度はISO 1600まで上げてるんですが、ノイズはほとんど気になりませんね。 ただ、カメラを覗いてしまうと、どうしても臨場感が失われてしまうので、ちょっともったいないことしたなぁと反省。

空いっぱいに広がる花火は、圧巻でしたよ!

プロフィール

K-Hyodo

K-Hyodo

本名:兵頭 薫
鹿児島の30代男性
ソフトウェア作家を目指す

コメント・拍手は大歓迎!

K-Hyodo's Soft

どのソフトも、
Mac & Windows 両対応!

iKeyboard 3

本気で覚えるための、
キーボード練習ソフト。

ベクターソフトレビュー


PhotoMaster 2

撮影を楽しむための、
デジカメ写真管理ソフト。

ベクターソフトレビュー

Vector Best Online Soft of 2004


iKeyboard 2

ブログを読み返すための、
バックアップ表示ソフト

窓の杜 今日のお気に入り


マルチプラットフォームの統合開発環境REALbasicで開発しています。

Twitter

 

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

アクセスカウンター

読書メーター

K-Hyodoさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。