新ブログの更新状況

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噴煙に夢中

わぁ、すごい!これは撮っとかないと!

スポンサーサイト

撮影に夢中

わぁ、すごい!これは撮っとかないと!

鹿児島中央駅のタクシーに想う

昨日は久々に天気が良かったので、鹿児島中央駅まで行ってきました。

雲ひとつない快晴で、空気はまだ肌寒いものの、南国の春の日差しはとても強く、じんわりと汗ばむほどです。 この季節になると、いつも鹿児島にやってきた頃のことを思い出します。 1993年だから、もう16年も前になるんですね。 当時の三角屋根の西鹿児島駅の面影はほとんどなく、すっかり新しくなった駅前ですが、その空気は今も変わることはありません。

ここに最初にやってきたのは、大学の受験の時です。 初めての一人旅。 駅前に降り立つと、早速ホテルに向かいます。 一人で乗る、初めてのタクシー。 ホテルに着いて、いざ料金を払おうとしたら、大きいお札しかなくて、「今ある小銭だけでいいよ!」と運転手さんに怒られたっけ。 そうか、タクシーに乗る時には、お金を小さく崩しとかないといけないんだ。

試験も無事終わり、今度はホテルから駅までタクシーに乗ります。 今度は、お金を小さく崩してるから安心です。 でも、今度の運転手さんは、妙に優しい声で、鹿児島観光を誘ってきます。 「まだ時間あるんでしょ?せっかくの機会だし、安くしとくから、どう?」 確か、値段は一万円前後だったような。 安いとは言うものの、高校生に一万円は大金だったので、必死になって断りましたよ。

というわけで、何かと社会勉強をさせてもらった鹿児島のタクシーですが、こののんびりした雰囲気は、やっぱりいいなぁ、と思います。 結局、鹿児島に16年も住んでいながら、タクシーを使ったのは数えるほどしかありません。 でも、この時期になると、いつもタクシーの思い出が蘇ってきます。 今ではもう普通に乗れるけど、あのドキドキ感はやっぱり懐かしいなぁ。

今年の受験生や新入生も、そんなドキドキを胸に、鹿児島にやってくるんでしょうね。

アイ・コンタクト

無視するわけでもなく、鳴くわけでもなく。

撮りたいものを撮りたいように

最近、ようやく肩の力が抜けてきたように思います。

昨年末からフリーマーケットでポストカードの販売を始めたり、今年からフォトコンテストに応募するようになったことで、かなり気負いがあったんですよね。 売り物にするんだから、ちゃんとした写真を撮らないと。 他人に勝つために、確かな写真を撮らないと。 これまで、自分のための写真ばかり撮ってきたので、本当に他人に評価してもらえるんだろうかと、不安で仕方ありませんでした。

もちろん、こうしてブログで写真を紹介したりもしてきたわけですが、ブログは文章もあるし、過去記事もたくさんあるし、好きな時に好きなだけ見れるし、何より無料です。 でも、ポストカードは有料だし、第一印象が良くなければ見向きもしてくれないでしょう。 コンテストだって、派手な写真がひしめき合ってる中で、地味な写真を撮っていては、すぐに埋もれてしまうでしょう。

だからといって、見栄えの良い派手な写真ばかり撮っていても、ちっとも楽しくありません。 どうせなら、自分が良いと感じたものを撮って、その良さを共感してもらいたい。 でも、自分を前面に出して、それを受け入れてもらえなかったらどうしよう。 自分の写真に自信を持つためには、そこに確かなものがなければなりません。 じゃあ、自分にとって確かなものって、一体なんだろう?

というわけで、今年に入ってからは、今まで当たり前のように行ってきた撮影を、じっくりと再確認しながら行うようにしてきました。 そうしてわかったことは、「自分には撮りたいものを撮りたいようにしか撮れない」ということです。 何も考えずに、感じるままに撮って、そこに何が写ったのかを、じっくり感じて、あれこれ考える。 そして、次の撮影では、全てを忘れて、感じるままに撮るのです。

水族館の横の遊歩道で、水溜まりに濡れた雑草を見つけました。 何か感じるものがあっので、しゃがみ込んで何枚か撮っていると、通りすがりのおばさんに声をかけられました。 「そこに何かいるんですか?」「いや、何もいませんよ」 そう、そこに何かがあったから撮ったんじゃなくて、そこに何かを感じたから撮ったんですよね。 それ以上でもそれ以下でもなくて、ただそれだけ。

ただそれだけでも、それでいいじゃない。

ポストカードの販売結果だよ

本日行われた手作り市での、ポストカード販売結果の発表です。

春の草花


4枚

3枚

2枚

2枚

小計:11枚

春の草花シリーズですが、ホトケノザが堂々の一位でした。 やはり、色の鮮やかさと、花の可愛らしさがポイントですね。 シロツメグサは、その素朴さが良かったようです。 白タンポポは、珍しい反面、花だけで葉が隠れてしまっていたのが減点ですね。 横の枯れ葉も邪魔だったかも。 落ちたツバキは、一見すると暗い印象を受けますが、周囲の若葉が明るい雰囲気を盛り上げてくれました。

ピンホール・スナップ


0枚

1枚

0枚

1枚

小計:2枚

ピンホールによる街角スナップは、ちょっと残念な結果になってしまいました。 神社は、あまりにも普通の風景過ぎて、ポストカードにはちょっと個性が足りませんでした。 ペリカン便とガチャガチャは、昭和ノスタルジーを誘うには色が鮮やか過ぎましたね。 椰子の木とバイクは、単体の写真としては良かったんですが、単なる寄せ集めという感じで、全体のテーマが希薄だったのが失敗でしたね。

ピンホール・花マクロ


0枚

0枚

3枚

4枚

小計:7枚

レンゲは、全体の雰囲気が伝わるのが良かったですね。 ポピーは、その鮮やかな黄色と、華やかな形状がわかりやすいですね。 ピンクのツバキは、構図がポピーと似ている上に、形状がやや単調で、さらに色がレンゲと被っていたのが敗因ですね。 サクラは、中途半端な構図と、背景の暗闇が印象を悪くしているようです。

合計:20枚

とにかく、自分の写真をお金を出して買ってくれたことに感謝ですね。 しかも、それなりの数が売れてくれたので、ほっと一安心といったところです。 今回は、3つのグループに分けて結構な枚数を用意したので、大まかながら売れる傾向をつかむことができました。 これは、今回のポストカード販売の大きな収穫でしたね。 まとめると、こんな感じでしょうか。

  • ただあるものを撮るのではなく、よりそれらしく撮るようにする
  • マクロで迫る場合は、最も特徴的な部分に絞ること
  • 全体の共通するテーマ用意し、各写真に統一感を持たせること

特に重要に感じたのが、この3点ですね。 こうして箇条書きにしてみると、実に当たり前のことなんですが、その当たり前のことが、ちゃんとできていなかったことを思い知らされました。 確かに、振り返ってみると、あるもので適当に作ってしまおうと、安易に考えていたところもあったように思います。 今回の反省を胸に、もっと腰を落ち着けて、ポストカード作りに取り組んでいくつもりです。

私のポストカードを買ってくれた皆さん、本当にどうもありがとうございました!

やっぱり、花って綺麗だなぁ。

ウインドウを整理したよ

PhotoMaster 3のウインドウを、整理しました。

これまで、完成イメージのために機能しないボタン類を並べていましたが、それらを全て削除して、現時点で機能するものだけを残すようにしました。 これで、Early Preview版を公開した時に、混乱しなくて済みます。 また、サムネイルのサイズ変更用のスライダーは、使用頻度が少ないので削除して、代わりにControl + マウスホイールでサイズを変えられるようにしました。

詳細表示では、複数の写真を切り替えるためのタブを用意しました。 サムネイルのタブも、写真表示のタブも、どちらもまだ不完全ではありますが、とりあえず機能するようにはなっています。 写真表示タブでは、大きなサイズで写真を素早く見比べることができるので、とても便利ですよ。 写真を並べて比較するようにしてしまうと、すぐにサムネイル並みに小さくなってしまうんですよね。

内部構造の見直しも、平行して進行中です。 サムネイル表示は、これまでObject2Dによって行ってきましたが、枚数が増えると初期化に時間がかかってしまうため、Graphicsで直接描写するように変更することになりそうです。 それによって、描写も高速化されるので、スクロールやウインドウのリサイズも、より快適になります。 各クラスの構造も、じっくりと見直していきます。

来週には、最初のEarly Preview版を公開できればと考えています。

ポストカードの目的

ポストカードの制作者と購入者、双方の目的について考えてみました。

ポストカード制作者

  1. 作品発表・表現の場
  2. 創作活動の宣伝
  3. 現金収入
  4. 市場調査
  5. 主義主張を広める

ポストカード購入者

  1. 表現豊かな葉書
  2. 部屋に飾るため
  3. 記念
  4. 収集
  5. メッセージを受け取る

お互いに利益になるような点を、探っていきたいですね。

ExtendsとAssigns

PhotoMaster 3のリファクタリング中に気づいたことを、いくつか書いておきますね。

Extends

PhotoMaster 3では、写真はPhotoクラスによって扱われます。 Photoクラスには、写真ファイルのFolderItemと、読み込まれたExifデータが格納されています。 実際のExifデータの操作は、専用のモジュールで行うようにして、Photoクラスの肥大化を避けています。 でも、いちいちPhotoクラスを引数として渡すのは、オブジェクト指向らしくなくて、どうもしっくりきません。

PhotoModule As Module
PhotoModule.Orientation( p As Photo ) As Integer
---
Dim p As New Photo
Dim o As Integer = Orientation( p )

これは、写真の向きを得るためのメソッドなんですが、できれば " o = p.Orientation " と記述したいところです。 でも、Photoクラスに直接メソッドを追加するのは嫌だし、Photoクラスのサブクラスにメソッドを追加するのも、中途半端な気がします。 やっぱり、モジュールに処理を委譲するのが、一番理に適っているようです。 そんな時は、Extendsを使うことで、問題を解決することができます。

PhotoModule As Module
PhotoModule.Orientation( Extends p As Photo ) As Integer
---
Dim p As New Photo
Dim o As Integer = p.Orientation

こうして、モジュールの引数の前に " Extends " をつけるだけで、そのクラスにメソッドを追加できます。 これなら、元のPhotoクラスはシンプルなままだし、機能別に複数のモジュールを用意することで、全体の構造もわかりやすくなります。 また、モジュールを再利用したり、入れ替えたりするのも簡単に行えます。 これは、利用しない手はありませんね。

Assigns

クラスのプロパティは、基本的に全てプライベートなものです。 外部からプロパティを操作したい時は、Getter/Setterメソッドを用意して行うのが、オブジェクト指向の基本です。 でも、" value = class.getValue " はともかく " class.SetValue( value ) " とするのは、ちょっと違和感があります。 やっぱり、" class.value = value " という形で記述したいものです。

REALbasicでは、計算型プロパティを使うことによって、この問題を解決することができます。 しかし、計算型プロパティでは、Getter/Setterがワンセットになっていて、どちらか一方だけの利用はできません。 また、サブクラスでオーバーライドすることもできないので、結局は自前のGetter/Setterメソッドを作ることになります。

Value As Integer
---
Value( Assigns v As Integer )
Value() As Integer

でも、Assignsを使うことで、" class.value = value " という形で記述できるようになります。 プロパティの名前とメソッドの名前は同じでも構いませんが、引数の名前まで一緒にしてしまうと、無限ループに陥ってしまうので注意が必要です。 クラス内で、" value = newValue " とすると、プロパティに直接代入されますが、" Me.Value = newValue " とすることで、Setterメソッドの方を呼び出すことができます。

Assignsによって、そのメソッドがプロパティに代入するものであることを、明示的に記述することができます。 REALbasicでは常に名前でソートされるので、プロパティと同一の名前のメソッドにすることで、常に並んで表示されるという利点もあります。 ちょっとした記述の問題ではありますが、機能が増えれば増えるほど、こうしたちょっとした手間が大きく響いてきます。

以上、参考になれば幸いです。

区切りとタブと等倍表示

PhotoMaster 3が、だいぶ形になってきました。

サムネイル表示では、区切りの単位を自由に調整できるようになりました。 最短区切りは、指定した時間よりも撮影間隔が短い写真をまとめて表示します。 最長区切りは、指定した時間よりも撮影間隔が長くなったところで、区切りを表示します。 両方とも指定しなかった場合は、日付が変わったところで、区切りを表示します。

サムネイル表示のタブも、ちゃんと機能するようになりました。 タブの追加と閉じるボタンもついて、好きな数だけタブを開けるようになりました。 写真表示のタブも、内部的には機能するようになっているんですが、PagePanel内にTabPanelを配置してしまうと、タブの削除が正しく行われない不具合があるため、保留にしています。 その代わり、写真表示中でも、サムネイル表示のタブを切り替えられるようになっています。

また、写真の等倍表示もできるようになりました。 ピントの確認をしたい場所をダブルクリックすると、そこを中心にして等倍表示に切り替わります。 ドラッグでスクロール、ダブルクリックで全体表示に戻ります。 写真を拡大する時は、ピントの確認が目的なので、等倍以外の倍率はあまり意味がないため、バッサリと切り捨てています。

というわけで、かなり使えるようになってきました。 動作も軽快で、等倍表示のスクロールもとてもスムーズです。 REALbasicといえば描写が遅いので有名でしたが、度重なるバージョンアップの間に、ずいぶん改善されたようです。 サムネイル表示の描写部分を書き直して、写真表示のタブ問題を解決したら、いよいよEarly Preview版の公開です。

来週中には公開できるように、頑張ります!

こだま屋 閉店

これでまた、店がひとつ消えた。

プロフィール

K-Hyodo

K-Hyodo

本名:兵頭 薫
鹿児島の30代男性
ソフトウェア作家を目指す

コメント・拍手は大歓迎!

K-Hyodo's Soft

どのソフトも、
Mac & Windows 両対応!

iKeyboard 3

本気で覚えるための、
キーボード練習ソフト。

ベクターソフトレビュー


PhotoMaster 2

撮影を楽しむための、
デジカメ写真管理ソフト。

ベクターソフトレビュー

Vector Best Online Soft of 2004


iKeyboard 2

ブログを読み返すための、
バックアップ表示ソフト

窓の杜 今日のお気に入り


マルチプラットフォームの統合開発環境REALbasicで開発しています。

Twitter

 

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

アクセスカウンター

読書メーター

K-Hyodoさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。