新ブログの更新状況

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美の意味、美の役割

現実問題として、世の中には美しいものと、醜いものとがあります。

これはもう、そういう感情が人間に組み込まれているんだから、仕方がありません。 それはもう、そういうものとして、受け入れる他はないでしょう。 ただ、何を美しいと感じ、何を醜いと感じるかは、人によっても違えば、同じ人でも時によって変わってきます。 こうした美の基準というのは、一体どこにあるのでしょうか。 また、こうして美を感じることに、果たしてどんな意味があるのでしょうか。

美の基準となるのは、人間の持つ認識パターンに適合するかどうか、ではないかと思います。 生まれたばかりの頃は、そこに何かがあるかないかしか判別できなかったでしょう。 色彩感覚も未発達だったとしたら、認識できるのは、白か黒かの区別だけ。 でも、漆黒の闇の世界しか知らなかったとしたら、眩いばかりの白銀の世界は、とても刺激的なものだったはずです。

やがて、白でも黒でもないグレーの存在を知り、黒の中の白、あるいは白の中の黒に気づきます。 さらに、赤、青、緑などの色彩を感じるようになり、点や線、丸や三角、四角などの形状も認識できるようになります。 基本的な色彩や形状を覚えたら、より多くのパターンを経験していくことで、それらの情報が平均化されていきます。 その平均化された世界こそが、美の世界ではないでしょうか。

このハゴロモヅルは、とても美しい体をしています。 それは、体のラインに無理がなく、流れるような曲線を描いているからです。 それを一目で理解できるのは、同じ物理世界で、たくさんのものを見てきて、すでに平均化された美の世界を構築できているからです。 もし、形状や造形に興味がなくて、十分な数のデータを持ち合わせていない場合は、それほど美しいとは感じないでしょう。

形状以外でも、無駄のない滑らかな流れというのは、音楽であれ、文章であれ、とても美しいものです。 いずれの場合も、物理的に、あるいは論理的に、無駄のない、つじつまの合った状態のものほど、美しくなります。 ただ、いくら無駄がないといっても、計算された完璧な姿というのは、期待するほど美しくはありません。 なぜなら、現実の世界は、お互いに様々な影響を与えながら、微妙に崩れているからです。

美の正体が平均化だとしたら、美の役割も自然と見えてきます。 美しいものを求めていれば、それだけ平均的なものを手に入れられる可能性が増えます。 つまり、それだけ危険を減らすことができるわけですね。 一方で、見たことのない新しいものに手を出すことで、より広い範囲のデータを手に入れて、より正確な平均値を知ることができます。 より新しいものに美を感じることがあるのも、これで理由がつきますね。

美を感じ、美を求めることは、動物が生まれながらに備えている、生きるための知恵なんですね。

スポンサーサイト

抱っこ

君は眠たいの?甘えたいの?それとも不安なの?

見張り

その目で、耳で、鼻で、じっと辺りを警戒しています。

あくび

カピバラも、口を大きく開けて、あくびするんだよ。

オシドリ夫婦

オシドリのカップルは、本当に仲が良さそうです。

寄り添い

好きな者同士、肩を抱いて、寄り添おう。

鹿児島県空手道選手権大会 小学女子の部

昨日は、鹿児島県空手道選手権大会に行ってきましたよ。

というのも、先日のシンドリちゃん撮影会で、ひろさんからチケットをもらっていたんですよ。 残念ながら、ひろさんは出場しないんですが、裏方として参加するそうです。 私は、これまで一度も空手の試合は見たことなかったので、興味津々です。 学生時代、初めて友人のアイスホッケーの試合を観に行った時は、その迫力に圧倒されたものです。 今度の空手は、一体どんな興奮を味あわせてくれるんでしょうか。

会場である県体育館に入ると、すでに開会式が始まっていました。 地元のテレビ局も来ていました。 そこで、もっとも場所が良いと思われるテレビカメラの横に陣取ると、ケータイにメールが入りました。 「左下に私が」あ、ひろさんだ~! こんな立派な試合で、空手バカ一代の主題歌が流れたのには笑いましたが、大いに盛り上がってきましたよ!

試合の前に、審判団の紹介が行われます。 面白いのは、何かある度ごとに「押忍!」という挨拶が入ることです。 空手だから当たり前なんですが、私にとって異世界に入り込んでしまったことをはっきりと感じましたよ。 そういえば、大学の学生寮でも、挨拶は「押忍!」だったなぁ。 それも、明るく軽やかな「オ~ッス!」じゃなくて、重々しい「押忍!」でした。 太鼓の合図で、いよいよ試合開始ですよ!

ところが、出てきた選手を見てビックリ!ち、小さい~! こんな小さな女の子も空手をやるんだ。 試合が始まると、その機敏な動きに、さらにビックリ! ポカポカと叩き合ってる姿は可愛らしくもあったんですが、切り裂くようなハイキックが炸裂すると、それが間違いであると気がつきました。 これは、お遊び半分の学芸会なんかじゃなくて、真剣勝負の本物の空手の試合なんだ!

小学女子の部ということで、最初は小さかった女の子も、次第に大きくなって、迫力も増していきます。 なんだか、一人の空手少女の成長過程を順に見ているようで、その上達具合を嬉しく感じてしまいましたよ。 私の方も、その姿をしっかり撮ってあげないとな。 でも、初めての空手撮影は、なかなか思うようにいきません。 タイミングがつかめずに、無駄打ちばかりが続きます。 撮っては消してを繰り返し。 なんとか1,000枚以内に収めないと。

次は、小学男子の部ですよ。

鹿児島県空手道選手権大会 小学男子の部

小学女子の部の次は、小学男子の部ですよ。

だんだん大きくなったなぁと思っていたのに、またチビッコに逆戻りです。 でも、最初の挨拶の段階で、気合の入り方がまるで違います。 いやいや、女の子も気合い十分でしたが、やっぱり闘争心というのは、男の本能なのかもしれませんね。 それを裏付けるかのように、小さな体から繰り出す技が、ずいぶんダイナミックになっています。 動きも素早くなって、少し次元が変わった気がしました。

試合を観ていると、途中で赤いボールのようなものが投げ込まれることに気がつきました。 その赤いボールが投げ込まれると、主審が試合を止めるんです。 ん、これは白タオルみたいなものなのかな? でも、試合は中断しただけで、すぐに再開します。 どうやら、試合を中断して、技の説明をしたり、選手に注意をしたりするためのもののようです。 う~ん、面白いアイデアですね、これは。

男の子は、頭を押しつけるように、相手をガンガン威圧していきます。 すると、審判が「押さないように」と注意をします。 どうやら、相撲と違って押し合いは禁止のようです。 意外だったのは、試合のペースが速いことです。 出会い頭の一発の後は、ひたすら連打。 観客席からも「手数!手数!」という声が聞こえてきます。 ジリジリと間合いを詰めて、相手の隙をついて必殺の一撃!なのかと思ってましたよ。

ただ、自分の得意技というのはあるようで、女子の部では見られなかった膝蹴りを多用する子もいました。 相手の子は膝蹴りを出していなかったので、一足先に、上級技を身につけたのかもしれませんね。 「何!奴は小学○年生なのに、もう膝蹴りが使えるのか?!」という感じで、「膝蹴りの○○」の異名で怖れられていたりして。 そうなると、なんだか少年漫画の世界ですね。

引き分けになると、体重差で判定になってました。 ただ、5kg以上の差がない場合は、再試合になるようです。 小学男子も、高学年になると体もずいぶん大きくなって、技の切れもかなり鋭くなります。 手足が長くなって、写真写りも良くなりますね。 それまでは単純な打ち合いが多かったんですが、防御がしっかりできるようになって、さらにレベルが上がったように思いました。

これから、もっと面白くなりそうですよ!

鹿児島県空手道選手権大会 中高生 一般女子

空手の試合は、まだまだ続きますよ。

中学女子の部は、軽量級と重量級の重量別になっていました。 さすがに中学生になると、小学生のような子供っぽさは減って、体格も技の切れもぐっと大人っぽくなってきます。 小学生では珍しかった膝蹴りも、当たり前のように繰り出されています。 重量級になると、これまでにない迫力で、パンチにもどっしりと重みが加わります。

中学男子も、小学生の控え目さが消えて、次第に試合が荒れ出します。 蹴りが股に入ってうずくまったり、豪快に場外に倒れ込んだり。 技を繰り出す度に、主審のマイクを通して、シュッシュッという鋭い息づかいが聞こえてきます。 拳が空気を切り裂く音を口まねしてるわけじゃなくて、一撃ごとに気合いを入れつつ、呼吸を整えているんでしょうね。

高校男子になると、技も多彩になってきます。 ぐるりと一回転しながらの回し蹴りや、床に手をつきながらのハイキックなど、思わず「うおぉ!」と感嘆の声が出てしまいます。 こうした大技は一瞬の出来事なので、撮る方としては大変です。 でも、ずっとカメラのファインダーを覗いていると、なんとなく攻撃のリズムが見えてくるんですよ。 テレビ観戦じゃ、きっと気づかなかっただろうなぁ。

極真空手は、直接打撃を与えるフルコンタクト制となっています。 顔面への突きは禁止されているので、突きはボディに連打するのが基本のようです。 ただ、一般女子の試合を見て気になったのは、乳房への影響です。 おっぱいが潰れて、母乳が出なくなったりしないのかなぁ。 男子は金的ガードをつけていましたが、女子も乳房ガードをつけているのでしょうか。

試合の様子は、地元のテレビ局が収録していました。 目の前には解説席があり、すぐ横ではテレビカメラが陣取っていました。 生放送ではなかったようですが、鹿児島は格闘技人気が高いようです。 残念ながら、解説の声は聞こえず。 せっかくだから、スピーカーで流してくれてもいいのになぁ。 テレビカメラ前の観客席は、立入禁止になっていました。

次はいよいよ、成人男子の部ですよ。

鹿児島県空手道選手権大会 一般の部(前半)

いよいよ、一般男子の試合ですよ。

16人の男達が、ベスト8進出をかけて、熱い戦いを繰り広げます。 鍛え抜かれた技と力が、激しくぶつかり合います。 試合の内容も、さらにレベルが上がって、撮る方も気合いが入ります。 このレベルになると、一通りの技は使えて当たり前。 息をつかせぬ攻防の中で、うねるようにコンビネーションが炸裂します。 う~ん、これは凄い!

選手の人達も個性派揃いで、とても楽しめました。 技に美しさがある人もいれば、真面目さの滲み出ている人もいます。 そうかと思えば、情熱的な人や、闘争心剥き出しの人もいます。 中には、攻撃を受けても「効いてないよ?」と挑発的な態度を取る人も。 空手家といっても、いろんな人達がいるんだなぁと、しみじみと感じましたよ。

そうしているうちに、空手の試合運びの基本みたいなのが、なんとなくわかるようになってきました。 まずは、突きの連打で、相手の体力をじわじわと削っていきます。 そして、相手の動きが鈍ってきたところで、蹴りを入れて、大きなダメージを与えます。 突きばかりだと自分の体力も消耗するし、蹴りばかりでも隙が多くなります。

お互いにひたすら突きの連打で、途中から動きがすっかり鈍くなる組みもあれば、適度に蹴りを織り交ぜて、攻撃の流れを取り合う組みもあります。 そんな中、最後の組みは、少し様子が違いました。 赤帯をつけた21番の選手が、安定した強さを見せつけています。 技のひとつひとつが自信に満ちていて、その威風堂々とした様子に、ただならぬものを感じました。

ここで、ベスト8出場選手による、板割りが行われました。 時計回りに位置を変えながら、突き、蹴り、肘打ちの順番で、板を割っていきます。 その度に、割れた板の枚数が発表されるんですが、一人飛び抜けている選手がいて、喝采の拍手を浴びていました。 良く見ると、それはさっき安定した強さを見せつけていた、21番の選手でした。 もしかしたら、この選手が優勝するかもしれないぞ!

次はいよいよ最終回ですよ!

鹿児島県空手道選手権大会 一般の部(後半)

空手の写真も、ついに最終回ですよ。

板割りの後は、ベスト8進出のメンバーが、ベスト4進出をかけて争います。 トーナメントですから、負けたらそれでさようなら。 各選手とも、力の限りを尽くして試合に挑みます。 その様子は鬼気迫るものがあり、私の心も熱くなってきます。 痛いのは苦手なので、私も空手をやりたいとは思いませんが、選手の皆さんの情熱は確かに伝わりましたよ。

各選手とも、本日2回目の試合なので、すでに体はボロボロです。 はだけた道着からは、真っ赤に腫れ上がった胸元が見えています。 あんまり痛そうなそぶりを見せませんが、あれだけ力の入った突きを受け続ければ、こんなに腫れ上がるのも無理はありません。 写真をよく見ると、突きを出した拳も、同じように真っ赤になっています。 まさに、真剣勝負ですね!

ベスト4進出が決まったところで、チビッコ達の演舞と、バット折りが行われました。 たまに、ひろさんが私の様子を見にきてくれるんですが、私が目をつけた21番の選手について聞いてみたところ、彼は内弟子なんだそうです。 なるほど、只者じゃないと思っていましたが、そういうことでしたか。 それ以外にも、空手のルールとか、いろんなことを教えてもらいましたよ。

準決勝が2試合、3位決定戦と決勝で、残り4試合です。 でも、この時点で650枚撮っているので、残りはあと200枚しかありません。 失敗写真はなるべく消すようにしてるんですが、まさかこんなに撮るとはなぁ。 連写は使わずに、技のタイミングに合わせて一枚ずつ撮っているので、結構疲れてきました。 でも、選手の人達は、もっと頑張ってるんだぞ!

驚愕のバット4本折りと、怒濤の瓦割りが行われたんですが、瓦割りは会場の隅の方で行われたので、うっかり見逃してしまいました。 3位決定戦は、珍しくあっという間に一本勝ち。 決勝戦に立ったのは、1番の選手と、あの21番の選手です。 延長の末に優勝を手にしたのは、予想通り、21番の選手でした。 やっぱり、勢いのある人は、雰囲気が違うなぁ。

ひろさん、選手の皆さん、本当にありがとうございました!

蒲生の大楠

しばらく見ないうちに、ずいぶん立派になったなぁ。

プロフィール

K-Hyodo

K-Hyodo

本名:兵頭 薫
鹿児島の30代男性
ソフトウェア作家を目指す

コメント・拍手は大歓迎!

K-Hyodo's Soft

どのソフトも、
Mac & Windows 両対応!

iKeyboard 3

本気で覚えるための、
キーボード練習ソフト。

ベクターソフトレビュー


PhotoMaster 2

撮影を楽しむための、
デジカメ写真管理ソフト。

ベクターソフトレビュー

Vector Best Online Soft of 2004


iKeyboard 2

ブログを読み返すための、
バックアップ表示ソフト

窓の杜 今日のお気に入り


マルチプラットフォームの統合開発環境REALbasicで開発しています。

Twitter

 

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

アクセスカウンター

読書メーター

K-Hyodoさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。