新ブログの更新状況

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年だぜ!

今年は、パワー全開で暴れ回ってやるぜ!
皆さん、よろしく!

スポンサーサイト

お節料理でお正月気分

今年も、実家からお節料理が送られてきました。いつもありがとう!

2007年から2008年へ

やや遅れ気味ですが、2007年を振り返って、2008年の抱負を語ってみます。

2007年を漢字一文字で表すとしたら、それは「収」ですね。 MT Log Readerでブログ記事を読み返してみると、前半は焦点が定まらずに、熱中できるものを求めて彷徨っていたのが良くわかります。 PhotoMaster 2の方向性について思い悩んだり、アメフラシを追いかけて写真集を出すと言ってみたり、写真展を観て回って写真教室に落胆したり。 ずいぶん迷走してしまいましたが、そこに「今のままじゃいけない」という危機感があったことは間違いありません。

そんな中で転機となったのが、基本情報技術者試験です。 私は勉強のための勉強が苦手で、たとえば好きな写真のことでも、形式的な知識になると、興味が続かずにすぐに放り出していたんですが、それがコンピュータ関連のことになると、不思議と全然苦にならないんですよね。 もちろん、なかなか理解しづらい部分も多かったんですが、なんとか理解してみたいという気持ちの方が大きかったですね。 ああ、やっぱり自分はこの世界の人間だったんだなぁ、と実感しました。

でも、資格試験はきっかけでしかありませんでした。 幅広い知識を得るという意味ではとても勉強になりましたが、じゃあそれらの知識が今の自分の役に立ったかというと、ほとんど役に立たないものばかりだったんですよ。 試験内容が浅く広くで、底が浅過ぎたわけです。 ただ、試験勉強をするなかで、大きな可能性を感じるものに出会うことができました。 それが、XPエクストリームプログラミングとリファクタリング、そしてデザインパターンです。

これらは、お互いに密接に関連しているわけですが、今まで私が抱えていた問題を一気に解決してくれる、とても魅力的なものでした。 実は、2007年前半の迷走も、結局は本業であるソフト作りの行き詰まりからくる焦りだったんですよね。 でも、XPをうまく取り入れることができれば、本業のソフト作りを安定化させた上で、それ以外のやりたいことにも本格的に手が出せるかもしれません。 XPを取り入れた最初の試みであるHomeRecipeでは、その効果に大きな手応えを感じました。

そこで2008年は、このXPを最大限に活用して、仕事の回転をもっともっと早くしていきたいですね。 それから、もっとたくさんの人と会って、自分の世界をもっと広げていきたいです。 そして、その自分の世界を、何らかの形で表現してみたいな、と考えています。 具体的なことはまだ決めていませんが、とにかく新しいことに挑戦して、それをちゃんとした形にしたいですね。 2007年の「収」なら、2008年は「拡」ですね。

というわけで、2008年を張り切っていってみよう!

モヤイの涙

楽しい待ち合わせなのに、どうして悲しそうな顔をしているの?

写真との新たな関係

昨年は、後半から写真を撮ることがぐんと減りました。

先日の記事で振り返ったように、前半は行き詰まりを感じてもがいていた時期で、後半は資格試験のために時間が取れなくなったというのが公式見解となっているわけですが、実は裏に隠された理由があったんです。 その理由というのは、自分の撮る写真は満たされない現実を補うための代償行為の結果なんじゃないか、ということです。 古く寂れたものを好んだり、被写体を何かに見立てたり、写真から物語を読み取ったり。 結局は、満たされない自分の心を、写真で慰めているだけなんじゃないか?

そのことに気づいてから、自分の写真をもっと意味のあるものにしたいと思ったり、写真の世界に逃げてしまってはいけないと思うようになりました。 写真集を作ろうと思い立ったり、ブログを分割しようとしたのも、自分の写真の価値をより明確にしたかったからです。 資格試験に取り組んだり、ソフト開発の勉強に力を入れたのも、自分の現実に立ち向かっていかなければならないと思ったからです。

でも、年末の帰省の旅でたくさんの人達と会っていく中で、自分の写真への考え方も変わってきました。 いや、忘れていた気持ちを思い出したと言った方が良いかもしれません。 元々、私にとっての写真というのは、自分への励ましだったんですよね。 好ましくない状況の中にあっても、なんとかして、生きる喜びや楽しみを見つけて、未来へと希望を繋げていきたい。 撮影することは生きていることの確認であり、写真は生きていたことの証明だったわけです。

それが、いつの間にか、写真の世界の中に踏み込み過ぎてしまっていたようです。 どれだけ写真の世界が魅力的でも、写真の中の世界だけで満足してしまっては、自分を見失ってしまいます。 写真を写真という枠で考えるのではなく、もう一度、自分の生き方や日々の生活に沿った形で、写真を捉え直す必要がありそうです。 写真との新しい関係が生まれるのか、それとも、再び同じ場所に帰ってくるのか。 今後の私の写真の変化を楽しみにしていてください。

写真によって救われたとしても、いつまでも写真に頼っていてはいけませんよね。

暗闇の中の姫路城

年末の帰省の旅の最終日は、姫路で一泊しました。

一泊といっても、ホテルの予約はしていなかったので、終電から始発までの間、町をブラブラと歩きながら時間を潰すことになります。 姫路には、前にも一時間ほど途中下車したことがあるはずなんですが、駅前の雰囲気がまるで記憶と違います。 あれぇ、おかしいなぁ。もしかして、裏口から出ちゃったかな? どうせ時間はたっぷりあるので、真っ直ぐに伸びる道をひたすら歩き続けます。 30分ほど歩くと寂れてきたので、来た道を引き返します。 途中見つけた店は、マクドナルドだけ。 一人で時間を潰すには、あまり向いていないかも?

駅に戻り、反対側に回ると、そこは見覚えのある駅前でした。 ビルが建ち並び、あちこちにコンビニの灯りが見えて、酔っぱらいの叫び声も聞こえましたが、ゆっくりできるファミレスがなかなか見つかりません。 鹿児島中央駅には、表にも裏にもジョイフルがあるのになぁ。 そんなことを考えながら、姫路城に向かって真っ直ぐ歩きます。 すると、城の手前の交差点の左奥に、やっとジョイフルの看板を見つけました。 ところが、営業時間が午前3時まで。えっ、24時間営業じゃないの? とりあえず、中に入ってサンドイッチとドリンクバーを注文します。

甘いココアをすすっていると、後の席の話し声が聞こえてきました。 自分がいかに女にモテるか、自分がいかに物わかりがいいか、自分がいかに大金を持っているか。 二人の男が、互いに自分を自慢し合っています。 その後では、小さな子を連れた母親達が、甲高い笑い声を上げています。 隣の席では、キャバクラ帰りのサラリーマン達が、ニヤニヤしながら反省会をしています。 二つ先の席では、若い女性が二人、静かに語り合っています。 私は飲み物をコーヒーに切り替えて、本に目を落とします。

3時5分前に店を出ると、霧雨の中、姫路城に向かいました。 公園の広場では、男が一人、バットの素振りをしていました。 広場の向こうには、灯りの消えた姫路城が、重く立ちこめた雨雲からぼんやりと浮かび上がっていました。 ああ、なるほど。 姫路城が日本一の名城と言われる理由が、なんとなくわかったような気がしました。 道を越え、堀に架かった橋を渡ると、門が空いていたので、そのまま中に入ります。 便所でわめく浮浪者を横目で見ながら、姫路城へと近づいていきます。 主のいない城は、一体何を見下ろしているんだろうか。 主のいない城に、一体何を求めているんだろうか。

携帯のバッテリーが切れそうだったので、コンビニに寄ってから、駅へと引き返しました。

豊かなイメージ

今日は、市立美術館と黎明館に行ってきました。

市立美術館では、第28回 鹿児島女子高等学校 書道部展、浮世絵と仏教美術のビデオギャラリー、通常展示と小企画展「祈りの美」と観てきました。 正直なところ、書の世界は良くわからないんですが、血気盛んな女の子が先生と熱く語っていたのが印象的でした。 ビデオギャラリーは眠気と格闘しながらの鑑賞でしたが、それぞれの大まかな歴史が30分で紹介されていて、なかなか良かったです。 「祈りの美」は、ちょっと期待していたんですが、仏像を美術館で観るのに違和感を感じてしまいました。

次に、黎明館で、日本画南遊会 第5回 夢宙展を観てきました。 平均年齢75歳という女性ばかりのグループだそうで、最高齢は90歳を超えているんだとか。 で、その絵というのが、どれも素晴らしいものばかりだったんですよ。 似た描写の絵が多かったので、もしかしたら同じ先生の流儀なのかもしれませんが、絵の中にはふわりとした豊かなイメージが広がっていました。 もしかしたら、それは人生を知り尽くした人達が想い描く、幸せのイメージなのかもしれませんね。

最近思うのは、生きていくには豊かなイメージが必要だということです。 どんなに貧しくても、生きるということのイメージがしっかりとできていれば、毎日を楽しく生きることができます。 どんなに仕事の処理能力が優れていても、そこに生きるイメージがなければ、仕事をやり続けることはできないでしょう。 どんなに条件の良い相手を見つけても、そこに愛のイメージがなければ、恋愛が発展していくことはないでしょう。

豊かなイメージというのは、一体どこから湧いてくるんでしょうね。

山形屋の金生饅頭だよ

天文館に行くと、いつもこの金生饅頭を買うんです。

金生饅頭は、鹿児島の地元百貨店である山形屋の地下で売っていて、売り場の後では、次から次へと饅頭ができていく様子を見ることができます。 嬉しいのは、1個40円でバラ売りしてくれるところです。 今日は、贅沢に10個も買っちゃいました。消費税込みで420円也。 中身は白餡で、食感はふっくら。 小型の回転焼きみたいなものですが、山形屋の焼印がいい味出してます。 出来立てのアツアツでも、持ち帰って冷えたものでも、どちらも美味しいですよ。

皆さんも、おひとつどうですか?

手作り善哉でよきかな

今年の正月は雑煮を食べなかったので、善哉を作ってみました。

小豆300gを水洗いしてから、鍋で一煮立ちさせます。 一旦煮汁を捨ててから、再びたっぷりの水を入れて、一時間ほど煮込みます。 この煮汁を捨てる回数を調整することで、小豆の渋さを調節するわけですね。 小豆の皮が柔らかくなってきたら、黒砂糖150g、粗塩5gを加えて、さらに煮込みます。 小豆の皮が破れてきたら、鍋の火を止めましょう。 一口サイズに切った餅を焼いたら、盛り付けて出来上がりです。

ちょっと食べ急いだせいで小豆がちょっと固かったですが、味はちょうど良い感じでした。 小豆300gは一食分には多過ぎるので、善哉に食べ飽きたら、そのまま煮詰めてアンコにしようかな。 いつも、ついついカチカチに煮詰めてしまうので、今度はしっとりアンコを作ってみたいなぁ。 アンコって、小豆を煮詰めるだけでできてしまうんですが、本当に美味しいアンコというのは、やっぱり難しいですね。

料理作りでも、もう一歩踏み込んでみたいと思う、今日この頃です。

多賀神社の狛犬に会いたい

多賀神社の狛犬に会いたくなったので、初詣に行ってきました。

実は初詣というのが苦手で、というか人混みが苦手なので、ずっと初詣を後回しにしてたんですよ。 初詣といえば、やっぱり照国神社かなぁ。 それとも、近場の一之宮神社で済ましちゃおうかなぁ。 そうだ、自分の初詣をイメージしてみよう。 そうして、心の中から浮かんできたのは、多賀神社の狛犬達の顔でした。 そういえば、もう長いこと行ってないなぁ。 よし、今日は天気もいいし、ちょっと遠いけど行ってみるか。

参道の長い石段を上ると、元気そうな狛犬達の姿が見えてきました。 首には、真新しいしめ縄が巻かれています。 気のせいか、狛犬達の表情も、ちょっと嬉しそうです。 入口から向かって右側が、口を開けた阿形、左側が、口を閉じた吽形です。 いつも人気のない境内は、今日も人気がありませんでしたが、それでも数人が参拝に来ていました。

私のお気に入りは阿形です。 ぐわっと大きく開けた口は、恐ろしいというよりも、どこか愛嬌があります。 それでも、風になびくたてがみには、神の使いとしての気品を感じます。 一方、口をへの字に固く結んだ吽形は、太い眉毛と四角い目玉が、どことなく星飛雄馬を連想させます。 よく見ると、頭には垂直尾翼のような角が生えています。

さらに吽形をじっくり観察してみると、体に小さな渦巻き模様がいくつもついていました。 今まで何度もこの狛犬達を撮ってきましたが、これには初めて気がつきました。 この渦巻き模様は、阿形にはついていませんでした。 さらに、吽形は背骨が立体的に盛り上がっているのに対して、阿形の方は線で描かれているだけでした。 調べてみると、正確には角のない阿形が本当の狛犬で、角のついている吽形は獅子なんだそうです。 なるほど、そういう違いがあったんですね。

こちらは、獅子の吽形の後にある神馬です。 馬小屋の中が薄暗いせいか、とても不気味な雰囲気が漂っています。 馬の目つきも、ちょっと普通じゃありません。 そういえば、前に偶然知り合った神道のお兄さんが、多賀神社の神馬には霊が宿っているとか言っていたような。 本当に霊が宿っているのかどうか確かめる術はありませんが、思わず納得してしまうような、不思議な存在感がありました。

やっと初詣を済ませたので、明日からは気持ちを切り替えて頑張るぞ!

前に向かう力

そこに光があるから、前に行けるんだ。

歴戦の風格

いくつもの時代を生き抜いてきた、逞しい脚。

プロフィール

K-Hyodo

K-Hyodo

本名:兵頭 薫
鹿児島の30代男性
ソフトウェア作家を目指す

コメント・拍手は大歓迎!

K-Hyodo's Soft

どのソフトも、
Mac & Windows 両対応!

iKeyboard 3

本気で覚えるための、
キーボード練習ソフト。

ベクターソフトレビュー


PhotoMaster 2

撮影を楽しむための、
デジカメ写真管理ソフト。

ベクターソフトレビュー

Vector Best Online Soft of 2004


iKeyboard 2

ブログを読み返すための、
バックアップ表示ソフト

窓の杜 今日のお気に入り


マルチプラットフォームの統合開発環境REALbasicで開発しています。

Twitter

 

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

アクセスカウンター

読書メーター

K-Hyodoさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。