新ブログの更新状況

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PhotoMaster 1.5b1j

PhotoMsater for Windows 1.5b1jを用意しました。

β版の注意点

  1. ヘルプは旧バージョンのままです。
  2. Windows版では、以下の機能はサポートされません。
    1. 自動読み込み
    2. 自動イジェクト
    3. カラープロファイルの適用
  3. ・Windows版では、以下の不具合が確認されています。
    1. 書き出しがうまくできない
    2. 印刷でプリンタの詳細設定を指定すると強制終了する

上記を踏まえた上で、不具合や動作のおかしい部分があれば、報告をお願いします。

ダウンロード

PhotoMasterをより良いものにするために、皆さんのベータテストへの参加をよろしくお願いします。

PhotoMaster Web Page
PhotoMasterのダウンロード

人気blogランキングへ

スポンサーサイト

話のタネから育つもの

「まぁ、話のタネに、ちょっとやってみるか」これは父親の口癖です。

私がまだ幼かったとき、父親と兄と3人で、近所に買い物に行きました。 近所には開発途中の緑地公園があって、そこに新しい施設ができたということを友達から聞いた私は、行ってみようと提案しました。 でも、現実的な兄は、買い物もあるし、家では母親も待っているから、そんなことは後にしろ、と言いました。 私が残念な顔をしていると、父親は「まぁ、話のタネに、ちょっと行ってみるか」と言ってくれたのでした。

時は流れ、私は鹿児島に移り、兄は東京で働き、父親は横浜に家を持ちました。 最初に新しい実家を訪れた時は、いかにもできたばっかりの殺風景なところでしたが、何年かすると、いつの間にか草木で賑やかになっていました。 聞くと、父親がいろいろと買いそろえて世話をしているんだとか。 実を付けたブルーベリーを嬉しそうに眺めながら、父親は「まぁ、話のタネに、ちょっとやってみようかと」と言っていました。

さて、この口癖が、息子である私にも受け継がれたかというと、別にそういうわけではありません。 でも、この口癖のおかげで、ずいぶん私の好奇心が助けられたような気がします。 そして、口には出さなくても、やっぱり「話のタネ」になりそうなことを好んでしているように思います。

ふと気づけば、このブログも、記事も100件を超え、アクセス数も10,000件を超えました。 ここまでブログを続けられたのも、「話のタネ」のおかげに他なりません。 この「話のタネ」が、これからどう育っていくのか、私にもよくわかりませんが、皆さん、これからもよろしくお願いします。

人気blogランキングへ

宇宙人、風邪ひかない。UFOじゃないよ

寒さも一段と厳しくなってきましたが、風邪ひきさんはいませんか?

実は、私は先月の中旬あたりから、ずっと風邪をひいています。 最初は、寒気がひどくて、次に喉が腫れて、その後はずっと咳がとまらないまま、今に至ります。 喉の痛みはなくなったのですが、奥のほうがどうもイガイガするんですよね。 昼間、起きている間はそうでもないんですが、夜になって横になると、咳が出てとまらなくなるんです。

おかげで、このところずっと、なかなか寝つけずに苦労しています。 喉のイガイガにはうがいが一番、ということで、洗面所でガラガラとうがいをするわけですが、これがなかなかうまくできません。 ただガラガラとしているだけでは、なかなかイガイガのある奥のほうまで水が届かないんです。 皆さんも、そんな経験ありませんか?

何回もうがいをしているうちに、私はあることに気がつきました。 うがいをしている最中に、「あ~」と声を出すと、いい具合にうがいができるんです。 そして、「あ~」よりも「お~」のほうが、さらに効果が高いこともわかってきました。 これは面白い、ということで、順番に調べてみようと「あいうえお~」とやってみると、これがまたいいんです。

声を出そうとすると、喉の形が変わるので、「あ~」とか「お~」だと喉が開くので、奥まで水が入りやすくなるんですね。 「あいうえお~」とやると、喉が開いたり閉じたりするので、水が流し込まれるように入り込んでいくわけです。 ただ、いきなりこれをやると、炎症を起こした喉が拒絶反応を示すので、鏡の中の自分がびしょぬれになってしまいます。 普通のうがいから始めて、喉に水を馴染ませながらやりましょう。

この「あいうえお~うがい法」のおかげで,ずいぶんと寝付きが良くなったわけですが,実は,さらに強力なうがい法を発見してしまいました。 いつものように、上を向きながら「あいうえお~げほごほがほごほ」とうがいをしていると、空の彼方から光る物体がふらふらと,そして時にはぱっぱっと瞬間移動をしながらこちらのほうに近づいてきました。 見事なアダムスキー型の円盤から降りてきた彼は,震える声でこう言いました。 「ワレワレハ、ウチュージンダ」

そうです、誰もが知ってるこの名台詞をうがいの最中に唱えるだけで,あら不思議,喉のイガイガが綺麗さっぱりとれて、鼻と口から流れ出てくれるんですね。特に「ウチュー」の「チュー」の部分が絶大な効果を誇り、台詞を言い終わらないうちに猛烈にイガイガが吹き飛んでいくことでしょう。

しつこい今年の風邪に、ぜひあなたもお試しください!

人気blogランキングへ

寒い日は寄り添いながら

ここ数日、冷え込みの厳しい日々が続きますね。

南国鹿児島とはいえども、冷え込めば雪も降ります。 昨日は桜島も初冠雪となり、一日限りのおめかしを楽しんでおりました。 今頃何を言うかと思われるかもしれませんが、ようやく朝晩に吐く息も白くなり、いよいよ本格的な冬到来という感じがしています。

長引いた風邪もようやく治り、いまや冬よドンと来いという威勢の良さですが、実は私、寒いのは大の苦手なんです。でも、冷え込むのは好きなんです。 ん、と首を傾げるあなたに説明しましょう。 寒いというのは、北風がびゅーびゅー吹いて、ぶるぶるっと震える寒さのことで、冷え込むというのは、ピンと張りつめた空気の中、体中が引き締まっている状態のことです。

私の感覚では、寒いのは毛穴の開いた状態で、冷たいのは毛穴の閉じた状態ですね。 毛穴が開いた状態だと、いくら着込んでも体の熱が逃げていくので、なんだか惨めで、暖かいところに逃げ込みたい気分になります。 毛穴が閉じると、体がぎゅっと引き締まり、熱が体内に閉じ込められるので、むしろ冷たさが心地良く、冬の切なさを美しく感じるようになります。

それでも、冬の寒い夜に一人でいると、何とも寂しいものです。 そんな時、腕に伝わるミーちゃんの温もりが、とても愛おしく思えてくるのです。

人気blogランキングへ

相棒と呼べるその日まで

このキーボードは、かれこれ5年近く使っています。

キーボードの練習ソフトを作るくらいですから、やはりキーボードにもこだわりがあります。 こだわりのポイントは、広いパームレスト、メカニカルスイッチ、そして安定感です。 これらの条件をすべて満たしたこのキーボードは、まさに夢のキーボードでした。 2万円を超える高価な品でしたが、もう買わずにはいられませんでした。

タイピングにこだわる人は、その姿勢にも気を使います。 腕は真下に、肘は直角に、手首は浮かして、なんだかんだ。 でも、私は手を前に投げ出して、手首をべったりとくっつけてタイピングしています。 というのも、キーボードの手前には、手書きであれこれ書き込まれたコピー用紙を置いているからです。 パームレストについた手首の痕は、「それが俺のスタイルだ、文句あるか」と主張しています。

一般的なペコペコ、フニャフニャのキーボードはどうも苦手です。。 メカニカルスイッチは、カチャカチャとうるさいんですが、キーを押した時にはっきりとした手応えがあるのが好きなんです。 最近はペコペコタイプでもずいぶん感触が良くなってきていますが、このカチャカチャという音には、キーボードであることの自己主張が感じられるのです。

このキーボード、見るからに重そうですが、本当に重いんです。 量ったことはありませんが、2~3kgはあるんじゃないでしょうか。 このどっしりとした重さのおかげで、ちょっとやそっとではびくともしないので、安心してキーを打つことができます。 頼りになるとは動じないことなり、ということを全身で主張しています。

このように主張だらけのキーボードですが、実はこれ、2代目なんです。 前に一度、うっかりお茶をこぼしてしまって、中身を同等のジャンク品と入れ替えたんです。 そして今日、今度はミーちゃんがお茶をこぼしてしまったんですが、幸いにも動作に支障はありませんでした。

昔は、何であれことあるごとに新しい物に買い替えていたのに、今では、気に入った物を永く使うことが多くなったように思います。 よお、相棒。これからもよろしく頼むぜ。

人気blogランキングへ

PhotoMaster 1.5 完成!

デジタルカメラの写真管理ソフト、PhotoMaster Version 1.5が完成しました!

今回のバージョンアップの目玉は、何といってもWindowsに対応したことです。 でも、Windowsをお使いの人は、PhotoMasterがどんなソフトなのか、知らない人も多いのではないでしょうか。 そんな人のために、PhotoMasterの紹介ページをリストアップしてみました。 どうです、いいソフトでしょ?

デジカメは手軽に撮れるので、撮影枚数がどんどん増えていきます。 フィルムでは撮れないようなものでも気軽に撮れるので、整理をするのも一苦労です。 PhotoMasterなら、撮影年月日で自動的に整理してくれるし、大事な写真はイベントとして登録しておけば、後で検索するのも簡単です。 変に凝り過ぎていないところが、扱いやすさの秘訣ですね。

撮った写真をPhotoMasterに取り込んだら、早速スライドショーで鑑賞会です。 順番に写真を見ていくと、向きがおかしかったり、ピンボケの写真を見つけてしまいました。 PhotoMasterなら、スライドショーの途中でも、向きを変えたり、写真を削除したりといった作業ができるんですよ。 一覧リストから見たい写真を探したり、写真の詳しい撮影情報を見ることだってできるんです。 つまり、表示モードを意識する必要がないということですね。

気軽にたくさんの写真が撮れて、撮った写真をすぐにでも、何度でも見れるということは、それだけ写真の目が肥えてくるということです。 もっと上手に写真を撮りたいなぁ。それが人間というものです。 PhotoMasterなら、撮影情報を調べたり、露出や構図の確認をしたりといったことができるようになっているんです。 初心者にはわかりづらい露出補正のシミュレーションもできるので、写真の腕を上げるにはもってこいです。 まさに、至れり尽くせりですね。

こんな便利なソフトが、たったの2,000円で手に入るわけですから、いい世の中になったものです。 どうです?欲しくなってきましたでしょう? Vectorに登録申請は済ませたのですが、実際に公開されるまで、だいたい1~2週間ほどかかります。 申し訳ありませんが、あともうしばらくの間お待ちください。 お楽しみに!

PhotoMaster Web Page
PhotoMasterのダウンロード

人気blogランキングに投票をお願いします

Macでカラーマッチングはまいっちんぐ?

デジカメの写真を扱う上で、明るさや色合いというのはとても重要な要素です。

Macには、ColorSyncという色を管理する機能が組み込まれています。 このColorSyncのおかげで、正確な色を扱うことができるわけなのですが、世の中そう甘くはありません。 というのも、Macは標準でAppleRGBという色空間を採用しており、これのガンマが1.8なんですが、 WindowsやほとんどのデジカメはsRGBという色空間を採用しており、こちらはガンマが2.2なんですね。

ガンマというのは、中間色の明るさを表す数字で、数字の少ない方が明るくなり、数字が大きくなると暗くなります。 ということは、Macで見るデジカメ写真というのは、実際よりも明るく見えてしまっているわけです。 「ガンマが1.8のほうが中間色が浮き上がるから階調が豊かだ」なんて言う人もいたりしますが、モニタ近くを撮った写真をガンマ1.8のモニタに表示して見比べてみれば、色が白っぽく浮いてしまっていることは一目瞭然です。

AppleRGBからsRGBに変更するには、システム環境設定の「ディスプレイ」にあるカラー設定で「sRGBプロファイル」を選ぶだけです。 しかし、モニタのキャリブレーションを行う場合は、ちょっと厄介なことになってきます。 キャリブレーション自体は、アシスタントを起動して指示に従うだけで済むわけですが、そのためには、使用しているモニタのカラープロファイルがインストールされている必要があります。

ところが、モニタによってはMac用のカラープロファイルが用意されていない場合があります。 Windows用のモニタプロファイルを使おうとしても、正しく認識されないことがあります。 そんな時は、「起動ディスク : ライブラリ : ColorSync : Profiles : Display」を見てみましょう。 「HM903DADTA-3346AF00.icc」のように、使用しているモニタの偽物プロファイルが出来ているはずです。 Windows用のモニタプロファイルを同じ名前にして上書きコピーすれば、正しくキャリブレーションが行えるようになります。

モニタのキャリブレーションを行う時には、sRGBに合わせて、ガンマ2.2、色温度6,500Kに設定しましょう。 最初のネイティブ応答曲線の調整では、左側のボックスで明るさを、右側のボックスで色合いを調整します。 キーボードでも操作できるので、homeキーを押した後に、カーソルキーを押した回数を記録しておくと、後でやり直す時に便利です。 一度、キャリブレーションされたモニタプロファイルを作ってしまえば、後は「ディスプレイ」のカラー設定でそのプロファイルを選ぶだけです。 ただし、キャリブレーションをやり直す場合は、もう一度モニタプロファイルの上書きコピーをする必要があります。

最後に、「アプリケーション : ユーティリティ」にあるColorSync ユーティリティを開いて、「省略時RGBプロファイル」を「sRGB プロファイル」に設定します。 デジカメの写真ファイルには、カラープロファイルが埋め込まれているものと、そうでないものがありますが、これですべての写真をsRGBとして正しく表示できるようになります。 「ちょっと待ってよ。ColorSync ユーティリティに省略時RGBプロファイルなんて項目は見当たらないよ?」そう、Mac OS X 10.4 Tigerからは、この項目がなくなってしまったんです。

Appleがどういう意図で仕組みを変更したのかは知りませんが、「これからは使用するソフトごとに、省略時プロファイルを設定してください」ということらしいです。 ソフトが対応していない場合は、一般RGBプロファイル、つまりAppleRGBが使われるようです。 現状ではほとんどのソフトが対応していないため、ずいぶんとややこしいことになってしまいました。

デジカメの写真ファイルには、大きく分けて、sRGB(プロファイルなし)、sRGB(プロファイルあり)、AdobeRGB(プロファイルなし)、AdobeRGB(プロファイルあり)の4通りがあります。 このうち、AdobeRGB(プロファイルなし)は、通常のsRGBモニタでは正確な色を表示できないので除外します。 Mac OS X 10.4 Tigerでは、sRGB(プロファイルなし)では、モニタプロファイルをsRGBに、sRGB(プロファイルあり)、AdobeRGB(プロファイルあり)では、AppleRGBにしなければならないのです。

「プレビュー」では、モニタプロファイルがsRGBでもプロファイルありの画像を正しく表示できるのですが、PhotoMasterではモニタプロファイルがAppleRGBだと見なして処理するため、暗い画像になってしまいます。 モニタキャリブレーションのプロファイルを、ガンマ1.8と2.2の2種類作っておいて、プロファイルなしのsRGB画像を表示する時はガンマ2.2、プロファイルありのsRGBまたはAdobeRGB画像を表示する時はガンマ1.8に切り替えて使用してください。

将来的にはきっちりとしたカラーマッチングができるようにしたいと考えていますが、しばらくはこの切り替え方法でしのいでいただきたいと思います。

PhotoMaster Web Page
PhotoMasterのダウンロード

人気blogランキングに投票をお願いします

クリスマス前に会いましょう

ちょっと早いですが、今日から横浜の実家に帰省してきます。

そういうわけで、鹿児島中央駅まで青春18切符を買いに行ってきました。 鹿児島からだと、以前なら1日で岡山までしか行けなかったのですが、今なら肥薩オレンジ鉄道を使うと姫路まで、九州新幹線を使うと米原まで行けてしまうんですね。 ただ、それだと時間の余裕がなくて疲れてしまうので、岡山のちょっと手前、糸崎で一泊する予定です。 でも、ライトアップされた岡山城も見てみたいなぁ。

そんなことを考えながら歩いていると、駅前の商店街にやってきました。 ここは、何とも地味な商店街だったのですが、九州新幹線の開通に合わせて、こんなモダンな姿に生まれ変わりました。 アーケードを抜けると、そこには鹿児島中央駅とその駅ビルおよび観覧車がどーんと現れます。 駅前広場には青色LEDの巨大クリスマスツリーがそびえ立ち、多くの人達がクリスマス気分を楽しんでいました。

みどりの窓口で青春18切符を買ってから、今度は駅の裏口にある本屋で時刻表を買うと、ひっそりとたたずむ薩摩切子の塔に向かいます。 駅前広場のクリスマスツリーとは対照的に、こちらは暗く、人もまばらです。 でも、あっちが太陽なら、こっちは月の魅力があります。 寂しさと切なさの中に懐かしさを感じるんですよね。

せっかくなので、そのまま足を伸ばして天文館までやってきました。 鹿児島一の繁華街である天文館も、鹿児島中央駅の駅ビルが出来てからは、ちょっと人通りが少なくなったような気がします。 それを反映しているのか、去年は大きかったツリーがこんなに小さくなっていました。 頑張れ、天文館!

今回は、A1の設定をコントラスト-5、彩度0にして撮っています。 DiMAGE ViewerでRAW現像をする場合は、この設定が一番しっくりくるようです。 この設定で横浜の写真をたくさん撮ろうと思っています。 鹿児島には20日に帰ってきますので、横浜の写真を楽しみにしていてくださいね!

人気blogランキングに投票をお願いします

一夜限りの夜の楽しみ方

青春18切符の旅で最も頭を悩ますのが、夜をどう過ごすか、ということです。

終電から降りて始発に乗るまでの5~6時間、ホテルで一泊するには短いし、何かで時間をつぶすには長過ぎるし、なんとも中途半端な時間なんですね。 第一、青春18切符を使うくらいなので、できるだけお金は使いたくありません。 そこで、いろいろと頭を使って、安価な時間つぶしのアイデアを考えるわけですね。

一番簡単でありがちなのが、駅の待合室で過ごす方法です。しかし、最近は防犯上の理由で夜間は締め切ってしまう駅もありますし、今日のように冬の寒い夜はかなり辛いものがあります。 退屈だしお腹も減るし、警察官に職務質問されたりなんてこともあるので、あまりお勧めする方法ではありません。

一番賢いのは、今回のように、24時間営業のファミレスで過ごす方法です。 冷暖房完備で夜食もとれるし、ドリンクバーで何時まででも粘ることができます。 私は行ったことはありませんが、漫画喫茶やネットカフェなんかでもいいでしょうね。ただ、ファミレスの場合は分厚い本などのアイテムが必要になります。

でも、一番気に入っているのは、ひたすら駅の近辺をさまよう方法です。 知らない土地を、人気のない夜にゆっくりと散策するのは、これはこれでなかなか味のあるものです。 場所によっては駅の近くに観光名所があって綺麗にライトアップされていたりするので、ちょっと得した気分になったります。

これにはいろいろオプションがあって、楽しみ方がぐんと広がります。 コンビニを見つけるごとにおにぎりをひとつずつ買って食べ歩く「おにぎりラリー」や、わざと道に迷って始発までに駅を目指す「迷子アドベンチャー」などなど。 一度、本当に迷ってしまって、通りすがりの人に道を聞こうとしたら、逆に「すみません、ここはどこですか?」なんて聞かれたことも(酔っ払いでした)。

また、旅にはドラマがつきものです。 少し早めに待合室で待っていると、荷物を両手に抱えた二十歳ちょっとの男女が入ってきました。 「どうしても行くのか」「もうあなたとはやっていけない」「もう一度考え直してくれよ」「あなたのことが信じられないの」「もう勝手にしろ!」 彼は、そう言い残して去って行きました。

一人残されてすすり泣く彼女。それを背中で聞きながら、気まずく目をそらせる18キッパー達。 慰めてあげるべきか、ワインの小瓶を口に運びながらぼんやり考えていると、さっきの彼が軽トラに乗ってやってきました。 2人は無言のまま軽トラに乗り込むと、静かな夜の闇へと消えていきました。

旅の思い出は一生の思い出です。 あなたなら、どんな一夜を過ごしますか?

青春18切符の魅力を探る

列車に揺られながら、青春18切符の魅力について考えてみました。

青春18切符を使う最大の利点は、非常に安い値段で長距離を移動できることです。 でも、それは利点であって、魅力とは少し違います。 この鈍行列車ならではの魅力というものがあるから、この長くて辛い旅を続けられると思うのです。

私が気に入っているのは、その長距離を長距離として実感することができるということです。 飛行機なんかだと、あっというまに飛び越えてしまうので、どうしても近場に遊びに来たような気分になってしまいます。 その点、青春18切符だと、少しずつ景色が変わったり、周りの話し言葉が違ってきたりして、その変化を直に感じ取ることができます。

また、乗っては降りていく地元乗客達の生活が垣間見れるのもいいですね。 まだ眠そうな高校生に、疲れた顔のサラリーマン。 メイク直しに精を出す女子大生に、世間話に花を咲かせるおばちゃん達。 仕事の愚痴をこぼす人もいれば、携帯電話で母ちゃんに詫びを入れる酔っ払い。 いろんな人がいるものですね。

時には乗り合わせた人と語り合うこともあります。 旅の気安さからか、世間話から恋愛相談になって大いに盛り上がったり。 時には調子に乗り過ぎて引いたり引かれたり。 初対面の会話の難しさを実感することもあったりします。

面白いのは、そうやって移動していくうちに、少しずつ気持ちが切り替わっていくことですね。 私の場合、青春18切符を使う時は、家族や彼女に会いに行く時なのですが、列車の中で相手のことをぼんやり考えていると、少しずつ会いたい気持ちが高まっていくんです。 他にも、着いたらあれをしよう、これをしようとかを、あれこれ考えるのが楽しいですね。

時の流れを感じられることも忘れてはいけません。 まだ暗い中出発して、朝もやや朝焼けの中で日の出を拝んだり、通勤ラッシュ後の空いた車内でほっと一息ついたり。 夕が暮れるにつれて部活帰りの高校生で車内が賑わいを見せれば、終電が終着駅に近付くほど切ない閑散とした空気に包まれていきます。

こうして旅を味わうことができるのは、実はとても幸せなことかもしれないなぁ。 青白い朝の景色を眺めながら、ふとそう思うのでした。

クリスマス・バトン

cooさんからクリスマス・バトンが回ってきてしまいました。 いままで、クリスマスにもバトンにも縁のない生活を送っていたので、何ともつまらないものになってしまいましたが、これで勘弁してくださいね。

Q1. 今年のクリスマスは誰と過ごしますか?

ひとりです。

Q2. 去年のクリスマスは誰と過ごしましたか?

ひとりでした。

Q3. プレゼントを除くクリスマスの予算はどの位ですか?

1,000~3,000円くらい。

Q4. クリスマスプレゼントにかける予算はどの位ですか?

1,000~5,000円くらい。

Q5. 今までで一番思い出に残るクリスマスのプレゼントは?

プレゼントというわけじゃありませんが、18cmのクリスマスケーキを彼女とふたりで食べたときは幸せでした。

Q6. 今までで、一番最悪だったクリスマスの思い出は?

普段と変わらない一日を過ごした時ですね。

Q7. あなたにとって、理想のクリスマスとは?

彼女と一緒に過ごせたらいいですね。

Q8. 今年のクリスマスにむけての意気込みをどうぞ。

リットママさんから教えてもらったチーズケーキを作ってみたいです。

Q9. バトンを渡す人は?

このブログを見てくれている人で、ケーキ好きの人、よろしくお願いします!

実は私、ケーキが大好きなんです。 以前はそうでもなかったんですが、彼女と付き合うようになってから、急に変わりましたね。 あるときふと、彼女が喜ぶんじゃないかな、と買って帰ったのがきっかけでした。 彼女はとても喜んでくれたので、それ以来、ケーキは幸せの象徴となったのでした。

でも、ケーキ屋というのは、私にとって踏み入ることの出来ない場所だったんですよ。 ケーキ屋は、フリルのついた「女の子の世界」であって、自分のようなむさくるしい男にはとても似合わない場所でした。 だから、最初にケーキ屋に入ったときは、かなり緊張しましたね。 今でも、そのときのことは良く覚えています。

それが今では、誕生日もクリスマスも、ケーキを食べるためのイベントになってしまいました。 最初のうちは、とにかくたくさん食べられれば幸せでしたが、最近はいろんな種類のケーキを少しずつ食べるのが良くなってきました。 ショートケーキ一筋だったのも、紅茶ムースなどのさっぱりしたものを好むようになってきています。 ケーキも腹八分目がいいみたいです。

なんだか、クリスマス・バトンというよりも、ケーキ・バトンになっちゃいましたね。

雪と共に去りぬ、の10日間

今回の一足早い帰省の旅は、雪と寒気に襲われて大変でした。

鹿児島を発つ時から天気は悪かったのですが、熊本に入った辺りから雪がちらつきはじめ、福岡を過ぎる頃には本格的になっていました。 幸い、広島辺りからは雪はやみ、一晩を過ごした糸崎では全く降っていませんでした。 しかし、ほっとするのはまだ早かったようで、米原から関ヶ原にかけてはしっかりと雪が積もって、JRのダイヤにも遅れが出ていたのでした。

実家のある横浜では雪は降らなかったのですが、彼女のいる名古屋では、記録的な大雪に見舞われました。 一晩中降り続く雪に少し心配になったりしましたが、辺り一面の厚化粧、いや雪化粧はやっぱり嬉しいものですね。 真新しい雪に足を突っ込むと、クククッと音を立てながら足首まで埋まってしまうなんて、何年ぶりのことでしょうか。

やっと南国鹿児島に帰ってきたと思ったら、またしても記録的な大雪がやってきました。 窓から見えるはずの桜島は雪にかすみ、南国の象徴である椰子の木も、雪にまみれて真っ白けになっていました。 前を通る車はチェーンの音を響かせ、足下のおぼつかない女子高生はキャーキャーと嬌声を上げていました。

名古屋では20cm以上の積雪だったそうですが、鹿児島では11cmを記録しました。 あなたのところは、どれだけ雪が積もりましたか?

人気blogランキングに投票をお願いします

プロフィール

K-Hyodo

K-Hyodo

本名:兵頭 薫
鹿児島の30代男性
ソフトウェア作家を目指す

コメント・拍手は大歓迎!

K-Hyodo's Soft

どのソフトも、
Mac & Windows 両対応!

iKeyboard 3

本気で覚えるための、
キーボード練習ソフト。

ベクターソフトレビュー


PhotoMaster 2

撮影を楽しむための、
デジカメ写真管理ソフト。

ベクターソフトレビュー

Vector Best Online Soft of 2004


iKeyboard 2

ブログを読み返すための、
バックアップ表示ソフト

窓の杜 今日のお気に入り


マルチプラットフォームの統合開発環境REALbasicで開発しています。

Twitter

 

カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

アクセスカウンター

読書メーター

K-Hyodoさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。