新ブログの更新状況

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋を感じにちょっとそこまで

秋らしい写真を撮りたいな、ということで、お昼に散歩してきました。

今日は朝から見事な秋晴れで、写真が撮りたいなぁとウズウズしていたのです。 爽やかな青空を撮りたいのなら、10~12時あたりが一番オススメです。 それより早いと青白くなり、午後を回ると黄色っぽくなっちゃうんですね。 というわけで、一番オイシイ11時から出かけたわけですが、青空の爽やかさに反して暑いのなんの。 予想以上の日差しの強さに驚いてしまいました。

近所の小さな川沿いに歩いて行くと、ススキがいい感じになっていました。 彼岸花は夏の終わりという感じでしたが、ススキを見ると、秋になったんだなぁと思います。 ススキというと、夕日を浴びて黄金色に輝く姿を連想しますが、真っ昼間のススキというのもいいものですね。 のんきにひなたぼっこをしているようです。

ススキというと枯れた味わいがあるわけですが、青々と茂っていた雑草達も、ススキに負けじとすっかり枯れた姿になっていました。 こういう辺り一面の枯れ色は、秋を通り越して冬のイメージですね。 ちょっと寒々とした印象を受けますが、相変わらず日差しは強く、顔はジリジリと焼け、背中は汗ばんでいます。

木々もすっかり葉が落ちてツルツルの丸坊主になったのもあれば、青々と葉を茂らせたまま、豊かに実をつけているのもあります。 さっぱりと葉を落とすのも潔くて気持ちがいいし、豊かな実りも嬉しいものです。 木にもそれぞれ自分の生き方とというのがあるということなんでしょうね。

帰り際に、ふといい香りがしてきました。 そうです、キンモクセイの香りです。 残念なことに、本物よりもトイレの芳香剤を先に知ってしまったので、初めて本物の匂いを嗅いだときはどうもトイレっぽくて好きになれなかったのですが、最近はようやく本物の良さがわかってきました。 匂いはしませんでしたが、色鮮やかな花々も目に心地よかったです。

果たして秋を感じられたかというとちょっと微妙ですが、散歩としては十分に楽しむことができました。 あなたも、ちょっとそこまで、秋を感じに出かけてみませんか?

人気blogランキングへ

スポンサーサイト

道の交わるところ

目の前には遮断機のない踏切があります。さて、あなたはどうしますか?

何者をも恐れぬ勇者は、堂々とした足取りで踏切を渡っていきます。 突如警報機が鳴り響き、電車がこちらに迫ってきます。 勇者はたじろぐことなく、猛然と電車に立ち向かっていきます。 そして、あっという間に電車にひかれてしまいます。

信念を貫く信者は、常に自分の進むべき道を見据えながら歩いています。 踏切の警報機が鳴ろうが、電車が迫ろうが、脇目もふらずに歩いていきます。 運良く電車にひかれずに済んだとしたら、それは自分の信念が強かったから。 運悪く電車にひかれてしまったら、それは自分の信念が足りなかったから、というわけです。

自分に自信の持てない愚者は、いつも不安に怯えています。 踏切にさしかかると、いつ来るかわからない電車を恐れて、なかなか足を前に踏み出せません。 警報機が鳴ると、驚くほどの俊敏さで来た道を引き返し、耳を塞ぎ、体を強ばらせながら、電車が通り過ぎるのをじっと我慢します。 そして、電車が通り過ぎると、もう二度と踏み切りには近づかないことを誓うのです。

迷うことのない賢者は、観察を怠らず、冷静な判断に努めています。 踏切を渡る前には左右を確認してから渡り始めます。 賢者は、電車にひかれると死んでしまうことも、電車はレールの上しか走れないことも知っているので、警報機が鳴っても焦らず、レールから離れて電車をやり過ごします。 そして、もう一度安全を確認してから、再び歩き出します。

賢者の振る舞いが適切であることはいうまでもありませんが、こうして比べてみると、面白いことがわかります。 それは、勇者や信者、愚者は、電車を敵あるいは邪魔者と見なしていますが、賢者だけは電車の存在をあるがままに認めているということです。 つまり、相手を理解することこそが、共存への道だというわけです。

物事がうまくいかない時は、頭から相手の存在を否定しようとしているからでしょうね。 全く同じことを体験しても、その解釈の仕方次第で、結末が驚くほど変わってきます。 自分の解釈が現実に合っているのかどうか、注意を怠らないようにしたいものです。

人気blogランキングへ

酒船石の涙

今から半年ほど前の4月28日に、奈良の飛鳥に行きました。

小さい頃に遠足で行ったことがあり、その後にも家族で行ったことがあったので、久しぶりの飛鳥はとても懐かしいものでした。 飛鳥というと、謎めいた多くの遺跡があることで有名ですが、中でも酒船石が私の大のお気に入りです。 石に彫られた意味ありげな溝の数々も魅力的ですが、手塚治虫の漫画「三つ目が通る」に出てきたからというのも大きかったりします。

さて、この日は小学生や高校生などの遠足が重なっていて、飛鳥はとても賑やかでした。 子供達の無邪気な様子は見ているだけでとても楽しく、こちらまで遠足気分になってきます。 「鬼の雪隠」では、私が写真を撮ろうとすると、子供達がさっとよけてくれて、とても感心しました。 一方、「鬼の俎板」では、写真係の先生に挨拶しても知らん顔で、ちょっと驚きました。

飛鳥の伝説で一番印象に残っているのが、この「亀石」の伝説です。 昔、亀石のある川原と湖の対岸にある当麻とで争いが起こりました。 争いは当麻の勝利に終わりましたが、湖のたくさんの亀が犠牲になり、後にその亀の供養のために亀石が作られました。 現在、亀石は南西を向いていますが、当麻のある西の方向を睨みつけたとき、飛鳥は泥沼に変わるだろうということです。 怖い話ですね。

亀石の伝説で古代へのロマンは一気に高まり、次はいよいよ憧れの酒船石です。 酒船石は、通りを少し入った竹林の中にあります。 竹林の中は涼しく、石段を上るごとに、胸も高まっていきます。 酒船石に近づくにつれて、子供達の賑やかな声と、先生の説明する声が聞こえてきます。 そして、竹林の切れ目から見たものは…。

一瞬、自分の目を疑いました。 そして、猛烈に腹が立ちました。 子供達の手本となるべき先生が、子供達の目の前で、貴重な文化財である酒船石の上に土足で上がっているのです。 よっぽど怒鳴りつけてやろうかと思いましたが、楽しそうにしている子供達の手前、何とか思いとどまりました。 説明を続けている間、ずっと睨みつけていましたが、彼は何食わぬ顔で去っていきました。

静けさが戻るとともに、言いようのない悲しみがやってきました。 ずっと楽しみにしていただけに、心の中を土足で踏みにじられたような気分でした。 ふと周りを見渡すと、辺りの竹にはたくさんの落書きがありました。 私は、慰めるように酒船石の写真を撮りましたが、酒船石は悲しそうな顔にいっぱいの涙を浮かべていました。

人気blogランキングへ

正規分布の正体

正規分布のグラフを見たことがありますか?

正規分布のグラフは、平均値を中心とした、山の形をしています。 身体測定の結果をグラフにすると、身長も体重も、どれも正規分布に近い形になります。 体重の最小値が40kg、平均値が50kg、最大値が60kgだとすると、40kgの人は数人しかいませんが、45kgになると10人ほどに増え、50kgでは20人にまで増えます。 でも、55kgになるとまた10人ほどに減って、60kgになるとまた数人になってしまいます。

もし、1年後にもう一度測定を行ったとしたらどうなるでしょうか。 成長期の子供達が対象であれば、最小値、平均値、最大値がそれぞれ5kgずつくらい上がっているかもしれませんが、やっぱりグラフの形は正規分布になります。 では、前回の測定で最小値だった人が今回も最小値なのかというと、そうとは限りません。 甘いものを食べ過ぎたりして、体重が増えている場合もあります。 最大値だった人も、ダイエットをしたりして、体重が減っていることもあるのです。 もちろん、平均値だった人だって、常に平均値でいられるわけではありません。

でも、前回の測定で最小値だった人が、今回も最小値になるとは限りません。 成長期に入ったり、失恋してヤケ食いしたりして、体重が増えることがあるからです。 逆に、前回最大値だった人も、病気になったり、ダイエットをしたりして、体重が減ることだってあるでしょう。 もちろん、平均値だった人だって、体重が変化することは充分にあり得ることなのです。

また、どんなに痩せようとしても、太ろうとしても、どうしても限度があります。 どんなにダイエットしても体重を0kgにするわけにはいきませんし、無理して食べたって200kgを超すことはそうできることではありません。 普通に生活していれば、身長や骨格に合った適切な体重に落ち着くものであり、それが平均値になるというわけです。

痩せていることを気にしているからといって、200kgになりたいわけではありません。 太り過ぎを気にしてダイエットをしている人も、30kgになることを目指しているわけではありません。 どちらも、理想的な平均値に近づくことを望んでいるのです。 すでに平均値に近い人は、その体型を維持することを目標にしています。

タイピングだって、体重と同じなんですよね。 入力が遅いとストレスがたまりますが、とても速い入力をするためには相当な集中力が必要になります。 ストレスを感じることなく快適に入力したいし、できれば無理せずのびのびと入力したい。 どこかに、タイピングの理想的な平均値があるはずなんですね。

iKeyboardでは、それを話す速さの1.5~2倍程度であると考えています。 内容にもよりますが、普通は文章を考えるのに一番時間がかかります。 そして、考えた内容を手紙に書くよりも、電話で話した方が速く伝えることができます。 もし、電話よりもメールの方が速く伝えることができるとしたら、それは素晴らしいことです。 書くよりも話す方が1.5~2倍ほど速いので、タイピングも話す速さの1.5~2倍ほど速ければ十分だというわけです。

ただ速く入力するだけの時代はもう終わりました。 これからは、iKeyboardで快適にタイピングできるように頑張りましょう!

iKeyboard Web Page
iKeyboardのダウンロード

人気blogランキングへ

世界の再構築

人は、様々なことに感動して、それを伝えようとします。

感動を伝えるには、二通りの方法があります。 ひとつは、相手にも同じ体験をしてもらうことです。 そして、もうひとつは、自分がどう感動したのかを詳しく説明することです。 どちらにしても、「感動しているんだろうな」ということは、その様子から簡単に伝わりますが、感動の具体的な内容については、なかなかうまく伝わりません。

同じ体験をしても同じ感動を味わえないのは、人によって興味の方向が違うからです。 例えば、空を飛びたいと願っている人なら、スカイダイビングは素晴らしい感動を与えてくれますが、高所恐怖症の人には地獄の苦しみがもたらされます。 高所恐怖症でなくても、その時の天候や体調などのちょっとした違いによって、感動の度合いが大きく左右されてしまいます。

自分がどう感動したのかを説明するには、表現力が問われます。 ただ「感動した」と連呼しているだけでは何も伝わりませんし、「怖かった」「気持ち良かった」だけではさっぱり要領を得ません。 「ものすごく高くて怖かった」「風が気持ち良かった」でも、ふ~んで終わってしまいます。

それでは、どうすれば感動を伝えることができるのでしょうか。 同じ体験でうまく伝わらないのは、そこに感動だけでなく、あらゆる要素が含まれているからです。 自分の体験談でうまく伝わらないのは、自分の感情ばかりで、何がその感情を引き起こしたのかを把握できていないからです。 つまり、感動のきっかけとなった出来事を選び出し、それらを使って体験を組み立て直して、それを相手に体験させれば良いのです。

それは、世界を自分の視点で再構築して、自分だけの世界を作り上げることです。 そして、感動を伝えるということは、自分の世界に相手を招待することなんですね。 ですから、感動を伝えるためには、失礼のないように、もてなしの心で相手に接する必要があります。 それさえ忘れなければ、きっと相手は喜んでくれることでしょう。

あなたの中には、どんな素晴らしい世界が広がっているのでしょうか。

人気blogランキングへ

秋の夕暮れの静けさ

すっかり日の暮れるのが早くなりましたね。

太陽がずいぶんと低空飛行をするようになったおかげで、夕方の3時にもなると、すっかり影が長く伸びてしまっています。 肌を焦がした日差しもすっかり年老いて、ずいぶんと弱々しいものになっています。 そのせいか、木々達はどことなく妖気を漂わせながら、ひそひそ話をしています。

人間が捨てていったビニール傘を、壁を這う蔦が取り込もうとしています。 日が暮れて夜になれば、唐傘お化けならぬビニール傘お化けに変化するのでしょうか。 もしかしたら、もったいないお化けかもしれません。 その証拠に、何もないはずの壁から妙に強い視線を感じます。

誰もいない空き家の庭の柿の木に、食べられることのない柿がたくさん実っています。 食べられるはずのない柿の実なのに、数が少ないように思えるのは、ここに住む彼らの仕業でしょうか。 誰もいないはずの曲がり角に、人の気配がしてしまうのも、やはり彼らの仕業なのでしょうか。

秋の夕暮れの静けさは、ひっそりと心の中に入り込んできます。

人気blogランキングへ

笑顔の意味

先日、カメラを持って散歩をしていた時の話です。

ぶらぶらと歩いていると、民家の庭先にお婆さんが立っていました。 しばらくすると、向こうから幼稚園の送迎バスがやってきて、お孫さんが降りてきました。 お婆さんは満面の笑みで、お孫さんはなんだか良くわからない顔をしながら、バスに手を振って見送っていました。 私は、いい光景だな、とは思いましたが、カメラを向けようとは思いませんでした。

その場を通り過ぎながら、どうして絶好のシャッターチャンスを見送ったのか、疑問に思いました。 確かに、撮っていれば素晴らしい写真になっていたでしょう。 でも、それは「やってはいけないことだ」と、頭のどこかが警告を発しているのです。 撮った後に、果たしてお婆さんに笑顔が残っているのか、と。

例えば、恋人とのデートを楽しんでいる時、それはもう最高の笑顔をしていることでしょう。 でも、デートの最中に知らない人がカメラを向けてきたら、私ならきっと嫌な顔をするでしょう。 その笑顔が撮影者とのやり取りの中で生まれたものなら、自信を持って撮ることができますが、そうでないところで生まれた笑顔なら、そのままそっとしてあげたいと思うのです。

そんなことを考えながら歩いていると、壁から突き出たパイプを見つけました。 壁のそそり立ち具合や、いかにも後から付け足しましたというパイプの不器用さ加減、壁に染み付いたシミに、側溝の網の絶妙な位置。 それが何を意味するかはわかりませんが、私はすっかり嬉しくなって、夢中でシャッターを切りました。 満面の笑みを浮かべている私を見て、首を傾げる人がいるかもしれませんが。

そして、はっと気がつきました。 笑顔は、撮るものじゃなくて、するものなんだ、と。 もちろん、人の笑顔を撮ることで笑顔になる人もいることでしょう。 私は、自分が笑顔になるような写真を撮りたいと思いました。 そして、笑顔のお裾分けができれば、さらに笑顔になることでしょう。

人気blogランキングへ

撮影の意味

この写真は、去年の冬に駅前で撮ったものです。

ちょうどイベントが行われていて、ステージの上ではダンサーが踊っていました。 ダンスの心得があるのか、観客であるはずの女の子も、一緒になって踊っていました。 その踊りが上手だったので、こっそりと何枚か撮らせてもらいました。

前回のお婆さんは撮らなかったのに、どうしてこの女の子は撮ったのでしょう。 それは、駅前という人の多く集まる場所だということと、この女の子が人目につく行動をしていたからです。 女の子は、見てもらうために踊ったか、少なくとも見られることを気にしてはいなかったはずです。 それで、こちらも気兼ねなく撮れたというわけです。

それでは、ステージで踊るダンサーを見て感心しているおじさんの場合はどうでしょうか。 たくさんの観客がいるわけですから、顔を見られても構わないはずです。 でも、そのおじさんは、ダンサーに感心しているからそういう顔をしただけで、見られるためにそういう顔をしたわけではありません。 むしろ、ダンサーに集中して無防備になっている表情を見られてしまうのは、恥ずかしいことのはずです。

実は、そのおじさんの写真も撮ったんです。 すると、おじさんは撮られたことに気づき、戸惑った顔でこちらをチラリと見ました。 慌てて軽く礼をしましたが、おじさんは戸惑った顔のまま、おばさんをつれて去っていきました。 私は、写真を撮ることで、おじさんのダンス鑑賞を邪魔してしまったのです。 おじさんには、とても申し訳ないことをしてしまいました。

昔住んでいた場所を久々に訪れた時、こんな体験をしました。 懐かしさに胸をときめかせながらカメラを持って歩いていると、玄関を掃除するおばさん達の鋭い目線を感じました。 そのうち、一人のおばさんに話しかけられたのですが、「最近この辺りで放火が相次いでて、不審者に敏感になっているから、注意した方がいいですよ」ということでした。 住宅地をカメラを持って一人で歩いているのは、充分に不審者の資格あり、というわけです。

実際、公園から延びる道の先にある夕日を撮っていたら、たまたま前を通り過ぎた親子から警戒の眼差しを浴びたこともあります。 不審者かどうかはともかく、撮影という行為が好ましくない場合があることは確かなようです。 ここで、改めて前回のお婆さんについて考えると、自宅の庭先で、孫と共にバスを見送っている姿というのは、明らかにプライベートな世界なんですね。 それを、たまたま通りがかった見ず知らずの人間が、許可もなく写真を撮るということは、もう完全に失礼な行為なわけです。

もちろん、事後承諾でうまくいく場合もあるわけですが、私はそこまでして写真を撮ろうとは思わないのです。

人気blogランキングへ

写真の意味

写真を撮る目的は人それぞれですが、ひとつだけ、動かしようのない事実があります。

それは、「そこにある光景を記録して、それを誰かに見せること」です。 何を撮るか、どうやって撮るか、撮った写真を誰に見せるかは、その目的によって大きく変わってきます。 思い通りに撮れないことがあるかもしれませんが、すべての写真は、自分を含めた誰かに見てもらうために生まれてくるのです。

プロの写真家であれば、顧客が望む写真を撮らなければなりませんが、そうでなければ、普通は自分が見たい写真を撮るものです。 つまり、写真というのは自分自身を写しているようなものなんですね。 いや、自分という人間が撮影している以上、それは宿命と言ってもいいでしょう。

でも、一枚の写真がその人のすべてを表しているわけではありません。 そして、一枚の写真で、その時の気持ちをすべて表現できるわけでもありません。 よく、写真好きの人が、「君は一体何を表現したいのかね?」と問いかけますが、それは気持ちをより正確に伝えるためではありません。 「写真に込められる気持ちには限りがあるから、どうしても伝えたいことだけに絞り込んでから撮りなさい」ということなんです。

その証拠に、そういう人達は、気持ちのどれかひとつだけを選択するように迫ります。 確かに、そうすることで、写真はずっとわかりやすくなります。 でも、人の心というのは、そんな単純なものではありません。 意識できるものもいくつかありますが、何やら得体の知れないものが奥の方でたくさんうごめいている。 それが人の心というものです。

目の前には美味しそうな料理が並んでいます。 でも、もしその中から一番美味しいものしか食べられないとしたら、それがどんなに美味しくても、物足りなく思うでしょう。 だからといって、無理して食べ過ぎてしまったら、お腹を壊してしまって美味しい料理が台無しになります。 腹八分目で、満足するだけいただいたら、残りはラップをして次に残しておくのが、賢い食べ方というものです。

ちなみに、いくらお腹が空いているからといって、他人の料理に手を出してはいけません。 いくら珍味でも、保護された動物を食べるのも良くありません。 出された料理にあれこれ口を出すのも、あまり気分の良いものではありません。 テーブルマナーには、気をつけたいものですね。

人気blogランキングへ

照国神社の裏側に

照国神社は、鹿児島で最も参拝客の多い神社だといわれています。

照国神社は、日本近代化の第一人者にして明治維新の陰の功労者でもある島津斉彬を祀っている神社で、鹿児島一の繁華街、天文館にあり、国道3号線と10号線と225号線の出発地点でもあります。 そういうわけで、参拝にきたことのある人も多いのではないかと思いますが、ほとんどの人は参拝を済ませた後はさっと帰ってしまっているのではないでしょうか。

拝殿の向かって左側には、照国稲荷と呼ばれる小さなお社があります。 実は、その照国稲荷から、さらに奥へと進む小道があるんですね。 うっそうと木が生い茂り、脇には小川が流れ、しんとした空気が辺りに漂います。 神社が神様の場所だということを、ひしひしと感じます。

奥に進むと、道が二つに分かれ、その分かれ目に邪鬼がうずくまっています。 この邪鬼は、私が石像好きになった、記念すべき石像でもあります。 小川の先には水源地があるということで、左側には水宮があり、水の神様が祀られています。 右側には、戦時中に照国神社のご神体が避難した場所があり、記念碑が建てられています。

有名な照国神社にも、裏側には隠された歴史があるんですね。

人気blogランキングへ

邪鬼に込められた想い

照国神社の邪鬼は、私の一番好きな石像です。

出会いは、全くの偶然でした。 初めて奥へと続く道を見つけて、興味本位で奥へと進んでいった時は、突如として現れた邪鬼の姿に心底驚きました。 予想外の出来事だったということもありますが、その姿があまりに生々しかったことのほうが大きかったように思います。 来てはいけないところに来てしまったのではないか、と不安を感じたのを良く覚えています。

邪鬼は、じっとしゃがんだまま、頭に乗せられた石盤を支え続けています。 これは、邪悪な存在である邪鬼を頭から押さえ込むことで、魔除けの働きをしているのではないでしょうか。 私は、この左奥にある水宮を守るために作られたのだと思っていましたが、邪鬼の後ろにご神体を避難させた奉遷壕跡があることから、戦火からご神体を守るために作られたものかもしれません。

この邪鬼が魔除けだとしても、その表情を見ていると、どうしても邪悪なものには見えないんですよね。 生まれながらにして背負わされた重荷が何かはわからなくても、それを自分の運命と受け止めて、ただひたすらに支え続けている、そういう悟ったような表情に見えるのです。

邪鬼の顔には哀しみが滲み出ていますが、その口は堅く結ばれ、弁解することを頑に拒んでいます。

人気blogランキングへ

A1のRAWで頑張ろう

先日、A1のファームウェア「1.13j」が公開されました。

実は、手持ちの2GB MDではアップデートができず、高速タイプの1GB CFを新たに購入することで、何とかアップデートすることができました。 すると、公表されているメモリーカードの高速化以外にも、ライブビューやAWBの改善が見られ、ますますA1が好きになりました。

せっかく高速タイプのCFを手に入れたので、少しだけRAWを試してみることにしました。 実は、D7UGでもRAWを試したことがあったのですが、一枚撮るごとに30秒近く待たされたり、現像に時間がかかる割にはJPEGとほとんど見分けがつかなかったりで、RAWは見送ることにしたのでした。

A1でもどうせ大して変わらないだろう、そう思いながら現像してみて、ぶったまげました。 な、なんだ、この違いは…。 ファームアップでAWBがわずかに向上したのとは比較にならないくらい、劇的に色が良くなりました。 単独で見るぶんには、JPEGでも十分に綺麗なのですが、RAWはまるで一眼レフになったかのような高画質ぶりです。

写真は、左がJPEG、右がRAWです。 どちらもAWBで、現像はDiMAGE Viewerの撮影時設定です。 A1はRAWでもサクサクと撮れるのがいいですね。 今までずっとJPEGでしたが、これからはしばらくRAWで撮ってみようと思います。

人気blogランキングへ

プロフィール

K-Hyodo

K-Hyodo

本名:兵頭 薫
鹿児島の30代男性
ソフトウェア作家を目指す

コメント・拍手は大歓迎!

K-Hyodo's Soft

どのソフトも、
Mac & Windows 両対応!

iKeyboard 3

本気で覚えるための、
キーボード練習ソフト。

ベクターソフトレビュー


PhotoMaster 2

撮影を楽しむための、
デジカメ写真管理ソフト。

ベクターソフトレビュー

Vector Best Online Soft of 2004


iKeyboard 2

ブログを読み返すための、
バックアップ表示ソフト

窓の杜 今日のお気に入り


マルチプラットフォームの統合開発環境REALbasicで開発しています。

Twitter

 

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内検索

アクセスカウンター

読書メーター

K-Hyodoさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。