新ブログの更新状況

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の写真の今後

流れのままに、ゆっくりと。

いつの間にか、写真について、あまり思い詰めなくなった。

正直なところ、自分の写真に対する評価は、だんだん下がってきている。 上手に撮れてるけど、つまらない写真だなぁ、と思う。 きっちりとそつなく撮れてるけど、別に芸術性が高いわけじゃないし、特に個性的というわけでもない。 そもそも、撮ってる最中はただ撮ってるだけなんだから、ただの写真になることは当たり前のこと。 だから、そういう写真の結末を、ただ当たり前に受けとめる。 自分の行きたいところに行って、見たいものを見て、撮りたいものを撮る。 ただそれだけ。

その昔、フルオートのコンパクトデジカメで撮ってた時は、なかなか見た目通りに写らなくて、ガッカリの連続だった。 だから、マニュアル撮影のできるデジカメに憧れて、実際に手にした時には、それはもう大喜びでいじりまくった。 でも、思い通りに撮れたと思っても、画質がいまいちだったので、やっぱり不満がたまっていった。 ついに、デジタル一眼レフを手に入れて、いろいろレンズも集めて、画質的にも満足がいくようになった。 RAWで撮るようになって、撮影に失敗するということもなくなった。

全く不満がないわけじゃないけど、今のカメラには、もう十分といえるほどに満足している。 写真のワークフローも確立して、滞りなく処理できている。 自分の中で、ライフワークになりそうなテーマも次第に見えてきて、被写体に困ることもなくなった。 全てが、良い感じで落ち着いてきている。 自分の写真に対する評価が下がっているといっても、それはあくまで相対的なもので、思い上がりがなくなっただけ。 撮れた写真そのものについては、おおむね満足している。

唯一、不満があるとすれば、撮った写真が生かされていないということ。 こうしてブログに載せることで、誰かに見てもらうことはできるものの、その数はたかが知れてるし、反応も少ない。 ブログだと、どんどん記事が過去に流れていってしまうので、後で読み返してもらうことも難しい。 そこで、Webページにちゃんとした形でまとめて、載せていこうかと考えている。 もしかしたら、そうすることで、新しい写真の撮り方に目覚めるかもしれないしね。

気負い過ぎると、すぐに挫折してしまうので、のんびりやっていこうと思う。

スポンサーサイト

写真のオリジナリティ

空は高く、広く、大きく。

実はこれ、とあるブログの写真を意識しながら撮った写真なんです。

諸々の事情で元写真はリンクできませんが、空を大きく入れて、下辺に家々の建った山並みを入れるという構図は一緒です。 山並みの左端にアクセントがあるのも同じ。 ただ、元写真には雲がなくて、より広角。左端は風車になっていて、色もくすんだ感じ。 朝焼けの一場面でしょうか。全体的に、幻想的でメルヘンチックな印象です。 それに対して、私の写真は、午前の光がクッキリ鮮やか。雲にも動きがあり、段々と積み重なった家々も力強く、ダイナミックな印象です。

元写真を意識していたとはいえ、そこまで厳密に再現しようとしたわけではありません。 似たようなカットを何枚も撮っていて、一番バランス良く撮れたのがこの写真なんですが、結果として、元写真と驚くほど似た構図になってしまいました。 黄金比白銀比というのがありますが、人が心地良く感じる構図というものには、共通する法則というのがあるのかもしれませんね。 実際、写真ブログをあちこち見ていると、驚くほど良く似た構図の写真を見つけることがあります。

しかもこれは、同じ被写体に限った話ではないんですよね。 ブログに載せるための写真を選んでいる時、全く違うものを撮っているのに、全く同じ構図で撮ってしまっていることに気づくことが良くあります。 すでに、自分の中に、いくつかの構図のテンプレートが出来上がっていて、無意識のうちにそれに当てはめて撮ってしまっているんでしょうね。 それを「自分のスタイルが確立した」と喜んでもいいんですが、正直なところ、あまり嬉しいものではありません。

写真というのは、現実の光景を写すものなので、どうしても被写体に撮らされてしまうところがあります。 記録写真としては、無我の境地で被写体に身を任せるのが理想なわけですが、そればっかりだと、ちょっと息苦しくなってしまうのも、また事実。 豊富なテンプレートを取り揃えた上で、あえてそこからバランスを崩してみるというのも、愉しいものです。 これは、私の苦手な分野ではあるんですが、そろそろそういうのも試してみたいな、と思うようになってきました。

そのバランスの崩し方に、オリジナリティが色濃く出てくるのかもしれませんね。

無私の世界

なんてことのない、雑然とした光景だけど、ふとした時に、それがかちっと決まる時がある。 この写真も、そうやって撮れたもののひとつ。 別に、そこに特別な意図があるわけじゃなくて、ただ目の前の光景に合わせて、そのまま撮っただけの写真。 確かなことは、そこに目が向いたということと、体がこの構図を選んだということだけ。 自分の感性を信じるとか、被写体の魅力を引き出すとか、そういうのとは無関係な、無私の世界。

この世界は、とても心地が良い。 言葉には表せないものが、そこに写っている。 黙ったまま、その世界を、ただ愉しむ。 写真の中にある特定の何かを観るのではなく、写真全体をそのまま丸ごと受け入れる。 すると、写真の世界が動き出す。そこから、ざわめきが聞こえてくる。 もしかしたら、それは自分の中でだけ起きるだけで、他人にはわからない世界なのかもしれない。 でも、そこに自分の愉しみがあるのであれば、それでいいじゃないか。

最近は、そんな感じで、肩の力が抜けてきたような気がする。

My First Shot

記念すべきファーストショットは、大学の実験棟。

我が研究室の向かい側の建物。

いかにも初心者的な日の丸構図。

最初のMac LC630とMOドライブ。

キリンレモン セレクト。

花王ハイター。

学生寮の自分の机。右はMZ-2000だったかな。

やかん。

ファンタ オレンジ。

Panasonicの乾電池。

ふと気になって、自分のファーストショットを調べてみました。

その記念すべき瞬間は、1996年8月13日13時21分52秒。 被写体は、まったくもってどうでもいい大学の実験棟。 それから、まったくもってどうでもよいものがぞろぞろと続きます。 花の写真なんて、見ていて恥ずかしくなるほどの、初心者丸出しの日の丸構図。 必ずしも日の丸構図が悪いわけじゃないけれど、まさに典型的な素人写真になってました。

カメラは、富士フィルム初のデジカメ、CLIP-IT DS-7。今となっては携帯カメラにも劣る、たったの35万画素。 確か、2MBのスマートメディアで、36枚ほどしか撮れなかったはず。 しかも、24枚も撮れば電池切れしてたんじゃなかったかな。 それでも、写真を撮るのが、楽しくて仕方がなかったですね。 どうでもよいような写真ばかりですが、それだけに、その喜びようが良くわかります。

あれから14年が経ち、ずいぶん上達したなぁと思う反面、当時から全く変わってないなぁと思ったり。 自分にもこんなウブな時代があったのかと、妙に感慨深く思ったり。 もし、なかなか写真がうまく撮れないと嘆いている人がいたら、14年もすれば、今の私程度の写真は撮れるようになるはずなので、安心して写真を撮り続けてくださいね。 それ以上の写真を望む人は、私以上に努力してくださいね。

もっとも、今の私の写真に果たしてどれだけの価値があるのか、私にはわかりませんが。 正直なところ、価値があろうとなかろうと、そんなことは関係ありません。 ただ、撮りたいから、撮る。それだけです。 もし、誰かが私の写真に何かを感じてくれたら、それは有り難いことですが、私はあくまでも、私の内なる要求に従って、写真を撮るだけです。 これだけは、誰に何と言われようと、絶対に曲げられない部分です。

それが、私がこの14年間で、確信したことですね。

拡散と集中

写真を撮るということは、つくづく不思議なことだと思います。

撮る前は、それなりに思惑があったりするんですが、いざ撮り始めると、そんな思惑なんて吹っ飛んでしまって、夢中になって撮りまくってしまいます。 それでも、ギリギリのところで頭が働いていて、物凄い勢いで計算していたり、新しい発見を目ざとく見逃さなかったりしています。 そして、できあがった写真を見てみると、なんだかんだで思惑通りに撮れていたり、それ以上のものが撮れていたりするんです。 う~ん、どっちがあるべき姿なんだろう?

プロの写真家や、上手な人の写真を観ていると、写真に大きな力を感じて、そこから強い意思を読み取ります。 そして、その意思に共感して、ファンになって追いかけたり、自分も同じ道を目指したりします。 私も、そんな中の一人で、プロになるかどうかは別にしても、もっとうまくなりたいとか、そういう力を与えられるような写真を撮りたいと思います。 何らかの意思を伝えられたらと願います。

でも、正直なところ、自分が写真を撮ってる最中というのは、そんなことは一切考えてないんですよね。 ただ、目の前にあるモノの魅力に迫りたいという一心のみです。 なんだ、あんなに憧れてたのに、全然できてないじゃないか。 ところが、撮れた写真をじっくり観察していると、そこに隠された意図を見出して、なるほど、そういうことだったのか、と納得したりします。 これは一体、どういうことなんだろう?

結局、写真を撮るためには、拡散と集中が必要ということなんですね。 写真を撮る前は、なるべく意識を拡散させて、より広い視野で物事を見極めようとします。 そして、ある程度の方針が決まったら、意識を集中させて撮影に入ります。 土台を固めてから、一気に積み上げるわけですね。 うまい写真を撮る人というのは、その土台作りと積み上げ方が、とても上手なんです。 その2つが優れているから、より大きくて頑丈な建物が作れるわけですね。

その建物を見た人は、その大きさや力強さに圧倒されて、畏怖の念さえ抱いたりします。 でも、作る人から見れば、その建物の大きさよりも、地道な土台作りと積み上げ作業の方が重要なわけです。 だから、大きいですね、迫力ですねと褒められても、いまいちピンとこなかったりするんですね。 自分の体験や、いろんな人の話を聞く中で、どうもそこが腑に落ちなかったんですが、やっと納得する答が見つかりました。

もし、撮る前から集中してしまったら、毎回同じような写真ばっかり撮ってしまって、発展性がなくなってしまいます。 撮っている最中に拡散してしまったら、気が散ってしまって、被写体の魅力に迫ることなどできるわけがありません。 その心は、誰よりも広く。その想いは、誰よりも深く。 そのためには、撮影前にしっかり拡散して、撮影中にしっかり集中することが、大切だということですね。

なるほど、なるほど。そういうことだったのかぁ。

創作宣言

デッサン用人形・出山秀子は、私に多くのことを気づかせてくれました。

中でも、最も大きな気づきは、「真を写すという意味での写真には、もはや興味を失っている」ということです。 これまで、ブログでも「見たまま写真」の必要性を何度も書いてきたので、おいそれと宗旨替えすることができませんでしたが、正直なところ、素の写真にはうんざりするほど飽き飽きしていたんですよね。 もちろん、そういう素写真の魅力は今も変わりませんが、それだけでやっていけるほど、私はまだ枯れた人間じゃなかったということです。

もっと写真を楽しみたいし、もっと写真の新しい可能性も探ってみたい。 でも、お仕着せの楽しさで満足したくはないし、自分が本当に良いと思える写真を撮りたい。 いや、写真であることにはこだわらずに、面白いと感じることであれば、何だってやってみたい。 それを始められるだけの技術は、すでに持ってるはず。 後は、失敗を恐れない勇気と、やり遂げる意思次第。 初期の興奮、ビギナーズラックは、もう使い果たした。 今ここでやめることもできるけど、やれるところまでやってみたい!

実は、こういう創作活動って、昔からの密かな夢だったんですよね。 ソフト開発を始めたきっかけも、「サマーデイズ」というソフトに出会い、そこに大きな可能性を感じたからでした。 本当は、実用ソフトじゃなくて、デジタル絵本のような創作をしたかったんですよ。 でも、当時はソフト開発の技術も全くなかったし、いざ創作しようにも、出てくるアイデアはサマーデイズのコピーばかりだったので、そのうち堅実な実用ソフトに焦点を絞るようになったのでした。

あれからずいぶん回り道をしたけれど、そろそろ初心に返る頃なのかもしれませんね。

写真をデザインしよう

人は面白いと感じた時、そこに何を見るのだろう。

先日、図書館でブルーノ・ムナーリの絵本を読んだ時、本当に頭が真っ白になる「面白さ」を感じました。 この面白さは、実に久し振りの感覚で、前にいつ感じたのかを思い出せないくらいです。 何かを面白いと感じることは、これまでにもそれなりにありましたが、頭の中が真っ白になるほどではなくて、ちょっと灰色になるくらいで、すぐに暗い闇に閉ざされてしまっていました。

写真を撮ってる時も、頭の中が白くなりますが、これはどちらかというと余白の白であって、中身は空っぽなんですよね。 でも、ムナーリの絵本は、光が満ち溢れるような、眩いばかりの存在感のある白なんですよね。 この面白さの違いは、どこからくるんでしょうか。 今の写真撮影もそれなりに面白いんですが、どうも消化不良な感じがつきまとっています。 ムナーリの絵本のような、エネルギーに溢れた面白さで、完全燃焼してみたいなぁ。

あれこれ考えてみると、どうもその姿勢に問題があるようなんですよね。 これまでの私の撮影方法は、良く言えば臨機応変、悪く言えば行き当たりばったりでした。 特に前もって準備することもなく、気まぐれでふらりと出かけては、出たとこ勝負で撮ってばかりでした。 その時々の一期一会の撮影を楽しむという意味では、これはこれで構わないわけですが、撮影が面白くなるかどうかは、その時の運次第でした。 それに、いくら撮影が面白かったとしても、撮れた写真が面白くなるかどうかは、また別の話です。

でも、ムナーリの絵本は、最初から面白いものを目指して作られていました。 自分が面白いと思ったものを見せるというレベルじゃなくて、読んだ人が最高に面白い体験ができるように、綿密にデザインされていました。 そこには、作者のお仕着せがましい自己主張は一切なく、読者が自然と絵本の世界に入り込めるようになっていました。 なるほど。ということは、写真にも同じことが言えるんじゃないかな。 面白い写真になるように、写真をデザインしてみたいなぁ。

これまでの私は、まず被写体ありきの、いわゆるデータ駆動型のシステムだったわけですが、これを概念駆動型のシステムへと変えていこうというわけです。 いくら自分が面白いと思っても、同じものをただ見せただけでは、その面白さは、相手にはなかなかわかってもらえません。 もちろん、自分が面白さに興奮していれば、自分が面白いと感じていることを相手に伝えることはできますが、それだけでは、それがどう面白かったのかを伝えることはできません。

その面白さを伝えてこそ、初めて写真が面白くなるんですよね。

写真のファンタジア

人の写真を真似た裏には、ブルーノ・ムナーリのファンタジアがありました。

写真の腕が上達してくるにつれて、ものをあるがままに見ようという力が働くようになります。 それはそれで、写真の基本であり、とても大切なことなんですが、ただそれだけでは、ちょっと息が詰まってしまいます。 実際、これまでの私は、基本に忠実であろうとするあまり、行き先を見失って、行き詰まってしまったわけですからね。 基本は基本として押さえておいて、新たに応用の世界を切り開くことだって、とても大切なことですよね。

それでは、ファンタジアの世界をのぞいてみましょう。

ファンタジア、発明、創造力、想像力

ムナーリは、これらを次のように定義しています。

ファンタジアこれまでに存在しないもの全て。
実現不可能でもいい。
発明これまでに存在しないもの全て。
ただし、極めて実用的で美的問題は含まない。
創造力これまでに存在しないもの全て。
ただし、本質的かつ世界共通の方法で実現可能なもの。
想像力ファンタジア、発明、創造力は考えるもの。
想像力は視るもの。

これらの関係は、このようになっています。

外界世界 → 知能 → 記憶 →ファンタジア
発明
創造力
→ 想像力 → 生産 → 外界世界

私は、ファンタジアの「実現不可能でもいい」という定義に、なんだか救われた気がしました。 そうか、無理して現実的にならなくても、もっと自由になって良かったんだ! ただし、そこには上のような関係性があるので、ファンタジアといえども、外界世界とのフィードバックを常に受けていることがわかります。 つまり、自身のファンタジアを刺激するためには、外界世界との関わりが不可欠だし、外界世界と関わっていくためには、ファンタジアも必要だというわけです。

よし、自分のファンタジアを取り戻すために、外界世界をどんどん取り込んでいこう!

ムナーリのファンタジア

ムナーリは、ファンタジアの例として、これらのものを挙げています。

  • 相反するもの(あべこべの世界、マルセル・デュシャンのレディメイド)
  • 数の増殖(千手観音、八岐大蛇)
  • 視覚的類似性(三つ編みの刷毛、裸婦のバイオリン)
  • 色彩の交換(青いパン、緑色の宇宙人)
  • 素材の交換(柔らかいハンマー、透明人間、ダリの柔らかい時計)
  • 場所の交換(公園にベッド、タイムマシン)
  • 機能の交換(グラスの花瓶、ワインボトルのライト)
  • 現実と幻想
  • 動きの交換(リドリーニ風、足の速いカタツムリ)
  • 規模の交換(巨大な模型、ピノキオの鼻
  • 異なる要素の融合(ミノタウロス、人魚)
  • 重量の変更(浮く巨岩、バーベルを投げ飛ばす)
  • 関係の中の関係(要素の組み合わせ)

なるほど、以前の私なら、役に立たない無意味なものだと、一蹴するようなものばかりですね。 でも、これらのものに面白いと感じるのも確かだし、これらのことは、お笑いの世界でも良く見られることでもあります。 とにかく、大切なことは、誰もが認める常識や共通認識を逆手に取って、いかにその概念を覆すかが、腕の見せ所というわけですね。 もちろん、非常識なことをすれば良いというわけではなく、それまで見落としていた事実に目を向けさせるというのが、一番の目的です。

写真のファンタジア

それでは、写真におけるファンタジアの要素には、どのようなものがあるのでしょうか。

被写体

  • 人 or 物
  • 日常 or 非日常
  • 庶民 or 裕福層
  • 地方 or 都市

状況

  • 順光 or 逆光
  • 透過光 or シルエット

構図

  • 対称 or 非対称
  • 横位置 or 縦位置
  • 平行 or 斜め
  • パターン or ランダム
  • センター or オフセット
  • 近景 and 遠景
  • 正像 or 逆像
  • ローアングル or ハイアングル

画質

  • 明るさ
  • コントラスト
  • ハイキー or ローキー
  • シャープ or ソフト
  • 色相
  • 明度
  • 彩度
  • 反転(ソラリゼーション)
  • 色抽出

レンズ

  • マクロ or ズーム
  • 広角 or 望遠
  • 周辺減光(トイカメラ)
  • アオリ(ミニチュア)

撮影方法

  • 連写
  • 多重露出
  • インターバル撮影

思いつくままに挙げてみましたが、他にもまだまだたくさんあるかと思います。 これらの要素は、どちらか一方だけを選べば良いという問題じゃなくて、あくまでその時々の関係性の中で、どちらを選ぶかが決まってきます。 低彩度・低コントラストの写真が新鮮に思えば、それを真似れば良いし、そうした写真に食傷気味なら、逆にコッテリした写真を目指してみるのも悪くありません。 こうして要素を書き出しておくと、いざという時に冷静に対処できるので、とても心強いですね。

さあ、もっともっと、写真を楽しんでいこう!

融合

こころ、満たされて。

いやいや、とっても楽しい撮影でした。

撮り終わった後に、早く写真を見てみたいと思ったのは、本当に久し振りです。 とりあえず、凄いと思った人の写真を真似て撮ってみたんですが、いろいろ新しい発見があって、実に刺激的でした。 なるほど、あの人は、こんな世界を見ていたのか。 果たして、本当に同じものを見ていたのかどうかはわかりませんが、これがきっかけとなって、新しい世界を見ることができたんだから、これはもう、本当に有り難いことです。

いつの間にか、自分のスタイルができあがってしまって、それに反抗しようとしたこともありましたが、次第にそれを受け入れて、すっかり落ち着いてしまいました。 それしかないと思い詰めていたわけじゃありませんが、その完成したスタイルに満足してしまって、それ以外のものを必要としなくなってしまっていたんですね。 撮る前から撮れる写真が想像できてしまって、撮る意欲を失っていたというのもありました。

そうなると、撮影が単調な作業になってしまうので、楽しいわけがないんですよね。 それじゃいけない、というわけで、最近はあれこれ実験的な写真を撮ったりもしていましたが、どうしても自分のスタイルの延長上で考えてしまうので、なかなか新しい発見は得られませんでした。 そこで、凄いと思った人になったつもりで、その人っぽい写真を撮ってみたわけですが、自分のスタイルを捨てるということが、こんなにも心地良いものだとは、思いもしませんでした。

ただ、この感動は、自分のスタイルというものができあがっていたからこそ得られた感動なんでしょうね。 撮るにあたっての注意点も、そんなに大したものじゃなくて、撮りたいと思った時に、自分が撮ろうと思ったのと反対の撮り方をしただけだったりします。 常に自分目線だったのを、見上げてみたり、しゃがんでみたり、焦点をずらしてみたり。 そういう不自然な視点の写真は、私のスタイルではなかったんですが、撮ってて楽しかったし、これまでにない面白い写真が撮れました。

で、凄いと思う人と同じ写真が撮れたかというと、それが全然違うんですよ。 その人の写真とは違うし、これまでの私の写真とも違います。 二人の写真をかけ合わせて、新しい写真が生まれたんですね。 もっとも、二人の共同作業というわけじゃなくて、私が勝手にその人の写真を盗んじゃったわけですが、こうして新しい世界を取り込む喜びを教えてくれたことを、心から感謝します。 これからは、もっといろんな人の世界を取り込んでみたいですね。

撮影中に、ずっと頭の中で流れていた曲。


Yes - Love Will Find A Way
アップロード者 jpdc11. - 音楽動画、アーティストのインタビュー、コンサートやその他色々。

技を盗め!

また、クヤシイ気持ちがぶり返してきた。

自分の写真だけを見れば、確かに上手くなってるし、自分の写真には満足しているつもりだ。 でも、他人の写真と比べてしまうと、そこに圧倒的な力の差を感じてしまって、どうしようもなく途方に暮れてしまう。 ああ、やっぱり俺には写真の才能はないんだな。 きっと、努力では超えられない才能の壁があるに違いない。 いや、ちょっと待て。お前は本当にそれだけの努力をしているのか? 才能があると思っている人と同じだけの、それ以上の努力をしているというのか?

恐らく、いやきっと、同じだけの努力はしていないはず。 仮に、同じ数だけ写真を撮っていたとしても、写真に対する意気込みが違うはず。 たとえ、カメラの扱いに勝っていたとしても、写真への想いは間違いなく負けている。 写真への想いというより、被写体への想い、いや、写真やカメラという次元じゃなくて、生き方そのものの時点で、すでに負けている気がする。 クヤシイ。負けたくない。クヤシイ。勝ちたい。クヤシイ。クヤシイ。クヤシイ。

でも、その一方で、「人は人。俺は俺でいいじゃねぇか」とも思う。 人が違えば、写真が違うのは当たり前。 人の写真の良さに嫉妬する暇があったら、自分の写真に磨きをかけるべきだ。 いやいや、そうやって自分の殻に閉じこもっていては、いつまで経っても上達しないんじゃないか。 俺が俺がと我を張るんじゃなくて、一旦我を捨てて、良いと思ったものを、何でも真似して取り入れればいいんじゃないか。 なに、それはプライドが許さない?それじゃあ上達するわけないわな。

クヤシイけど、真似しよう。クヤシイからこそ、真似してやろう。 真似て真似て、真似しまくってやる。 誰に何と言われようと、なりふり構わず、真似て真似て真似尽くしてやるぞ!

* * *

魅力的な写真を目の当たりにすると、ついつい、その人の才能に嫉妬してしまいます。 そして、それを才能のせいにしてしまったり、自分の殻に閉じこもったりしがちです。 それが、自分と同じタイプであれば、まだ学ぶ気にもなれるんですが、全く違うタイプだったりすると、どうしても受け入れられなくて反発してしまいます。 本当は、強烈な魅力を感じているのに、それを素直に認められないなんて、カッコ悪いですよね。 素直に教えてって言えればいいのにね。

まあでも、こういうのは教えてもらって身につくものでもないので、結局は盗んで真似るしかなかったりします。 そのためには、一度自分のやり方を捨てて、正直に相手の良さを認める必要があります。 もし、才能に違いが出るとしたら、ここで正直になれるかどうかが、その分かれ目になるような気がします。 いつまでも我流で押し通すか、心を開いて積極的に外部のものを取り入れるか。 私の場合は、我流で押し通す癖があるので、ここらで体質改善を図りたいところです。

積極的な受け身

結果を出すためには、実験が必要だ。

単なる受け身と、積極的な受け身の違いは、どこにあるのでしょう。

単なる受け身というのは、何らかの刺激に対して、反射的に、あるいは盲目的に反応することです。 あっと思ったら、ぱっと撮っちゃう。この被写体は、こう撮らなきゃ。 そうやって撮った写真というのは、何を撮りたかったのか良くわかってなかったり、どこかで見たような中身のない写真になったりするものです。 これらの写真は、被写体と写真との間に適切な関係がないので、どうしてもつまらない写真になってしまいます。

積極的な受け身というのは、入力された刺激を良く観察した上で、その刺激に適切な反応をすることです。 あっと思ったら、自分が何を感じているのか、何がそう感じさせるのかを、じっくり確かめながら、まずその感覚を良く味わいます。 そして、確かめたことを確認しながら、その味わいが消えないように、そっと写真を撮ります。 別に、明確に言葉にできなくても、その感覚さえはっきりしていれば、それで十分です。 そうすれば、迷いがなくなるので、被写体と写真との間に、適切な関係を築くことができます。

そうした積極性の中には、観察→仮説→実験→考察→観察…という、科学の実験と同じステップが隠されています。 まず、被写体を観察し、次に心の動きを観察します。 心の動き方から、被写体が心に与えた影響を推測して、被写体のどこが心のどこに影響を及ぼしたのか、仮説を立てます。 そして、その仮説に従って、カメラを操作して、実際に写真を撮ります。 撮れた写真を確認して、仮説の正当性を検証しながら、必要であれば、その仮説を修正して、納得のいく結果が得られるまで、実験を繰り返します。

つまり、積極的な受け身というのは、フィードバックによるループ構造になってるわけですね。 閉じたループになっているので、反復を繰り返すうちに、結果は自然と収斂していきます。 単なる受け身だと、1回きりの反射運動なので、そこに発展性はありません。 自分の好みや、特定の主張に支配されていると、フィードフォワードによるループになり、終わりのない軍拡競争に突入して、それは疲弊して倒れるまで続きます。

どうやら、積極的な受け身の姿勢には、自信を持って良さそうですね。

暖色系と寒色系

これは暖色系の写真かな?

改めて、自分の写真について、考えてみました。

自分としては、いろいろと想うところはあります。 でも、だからといって、必ずしも他人の目から自分がそう見えているとは限りません。 主観ではなく、あくまで客観的に、自分の写真を見つめ直したら、新たな自分を発見するかもしれません。 もしかしたら、主観と客観が一致するかもしれませんが、それはそれで素晴らしいことです。 とにかく、一歩引いた視点で、自分の写真を眺めてみることにしましょう。

私は、SafariのRSS機能を利用してブログを読んでいるんですが、ブックマークしているブログの記事を、一括して表示する機能があります。 これを使えば、自分の写真を、いろんな人の写真と見比べることができます。 こうしてたくさんの写真を眺めていると、人それぞれに特色があるのが良くわかります。 写真を見ただけで、それが誰の写真なのかが、すぐにわかってしまいます。 いやいや、これは面白いですねぇ。

で、気づいたんですが、どうやら写真には、暖色系と寒色系とがあるようです。 暖色系の人の写真は、柔らかくて、温かみを感じます。 寒色系の人の写真は、鋭くて、冷たい感じがします。 どちらも、写真としては面白いんですが、私の写真はというと、明らかに寒色系なんですね。 しかも、ここ最近、猛烈な勢いで、寒色度が高まってるようです。 なんとなく、そんな気はしてたんですが、こうしてはっきりと目の当たりにすると、認めないわけにはいきません。

ここ最近は、意識して実験的な写真を撮るようにしていたので、やっぱりなぁという気もします。 ただ、あまり寒色系になり過ぎると、近寄り難い雰囲気になってしまうので、困ったものです。 暖色系の写真は、ふわっとしていて、すっと心に入り込んでくるので、そういう写真を撮る人を、羨ましく思います。 でも、自分の冷たい写真の奥底に、得体の知れない熱さを感じることもあって、我ながら変な写真を撮るなぁと思ったりもしました。

自分の写真を一言で表すなら「徹底的な受け身」でしょうね。 正直に言うと、私の中には、写真を通して表現したいこと、主張したいこと、伝えたいことなんて、ひとつもないんですよね。 唯一あるとすれば、そこにそれがあったよ、という存在の報告くらいです。 自分にできることは、目の前にあるものを、あるがままに受け入れて、認めることだけ。 私にとって、写真を撮るということは、その被写体と同一化することなんですね。

一方、暖色系の写真を撮る人の場合は、胸に溢れんばかりの熱い想いがあって、その想いが写真を撮らせているようなんですね。 自分の想いを、被写体に投影しながら写真を撮ってるわけですね。 自分の好きなものとか、大切なものとか、大事なものとか。 心の中に、そういう宝物をたくさん持っている人は、とても魅力的ですね。 私の場合、年を重ねるごとに、どんどん心が冷めてきているように思います。 心をぱあっと燃え上がらせるためには、どうしたらいいのかなぁ。

もっともっと、いろんな人に出会って、たくさん刺激をもらった方が、いいのかな?

プロフィール

K-Hyodo

K-Hyodo

本名:兵頭 薫
鹿児島の30代男性
ソフトウェア作家を目指す

コメント・拍手は大歓迎!

K-Hyodo's Soft

どのソフトも、
Mac & Windows 両対応!

iKeyboard 3

本気で覚えるための、
キーボード練習ソフト。

ベクターソフトレビュー


PhotoMaster 2

撮影を楽しむための、
デジカメ写真管理ソフト。

ベクターソフトレビュー

Vector Best Online Soft of 2004


iKeyboard 2

ブログを読み返すための、
バックアップ表示ソフト

窓の杜 今日のお気に入り


マルチプラットフォームの統合開発環境REALbasicで開発しています。

Twitter

 

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

アクセスカウンター

読書メーター

K-Hyodoさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。